2012/02/26

難波 仁斎「鳩ノ図手箱」

image

難波 仁斎「鳩ノ図手箱」

1937(昭和12)年
24.4×34.5×14.8cm/漆

作品解説

本作は、自ら創出した描蒟醤の技法を駆使した仁斎の代表作のひとつで、透明な漆を根気よく丹念に塗り重ねたり、研いだりすることにより、立体的で格調の高い作品となっています。

in 3:工芸