意思疎通支援

意思疎通支援

意思疎通支援

聴覚、音声・言語に障がいがある方の円滑なコミュニケーションを図るために、「手話通訳者」、「手話奉仕員」、「要約筆記者」を派遣します。

また、倉敷市役所障がい福祉課、水島保健福祉センター福祉課、児島保健福祉センター福祉課、くらしき健康福祉プラザに手話通訳者を配置しています。


対象者
原則、市内に居住する聴覚,音声・言語,その他障がいのために意思疎通を図ることに支障がある障がい者(児)の方

利用料

無料

申し込み方法

申請書を事前に担当課へ提出してください。(FAX可)

PDFダウンロード手話通訳申込書         手話通訳申込書
 
PDFダウンロード要約筆記通訳派遣申込書  要約筆記通訳派遣申込書

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う遠隔手話サービスの実施について

 

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い,感染またはその疑いがある聴覚障がい者の方の病院受診等に際して,

手話通訳者の同行が困難な場合,遠隔手話通訳を実施します。

 ● 遠隔手話サービスのご利用にあたっては,手話通訳派遣申込書を障がい福祉課へご提出ください。

 ● 遠隔手話に必要なタブレットは,障がい福祉課でお貸しします。

 ● ご自身のスマートフォンやタブレットでも遠隔手話サービスがご利用できます。

   → その場合,遠隔手話に必要な通信費はご本人負担となります。

 

遠隔手話通訳について,詳しくはこちらをご覧ください。

 → 遠隔手話サービスの実施について

   タブレット取扱い説明書 Bizmee(ビズミー)版 Skype(スカイプ)版

 

新型コロナウイルス感染症が心配な時には,まずはかかりつけ医または新型コロナウイルス受診相談センター

(倉敷市保健所内)へご相談ください。

 → 新型コロナウイルス受診相談センターへご相談の際,こちらの様式をご利用ください。

 → 新型コロナウイルス感染症の関する情報(倉敷市保健所ホームページ)は こちら

 

お問い合わせ

障がい福祉課 FAX:086−421-4411 電話:086-426-3305