当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

池田遙邨の世界

昭和東海道五十三次

15.熱田(あつた) 七里渡場跡(しちりわたしばあと)

イメージ
戻る
 
■タイトル 「昭和東海道五十三次 熱田 七里渡場跡」
■制作年 1931年
■作品寸法 24.0×36.0cm
■材質技法 絹本着色
■場所 愛知県名古屋市熱田区
■解説 熱田は宿場町として、また熱田神宮の門前町としても栄え、神宮を指す宮宿とも呼ばれた。江戸時代、旅人は「七里の渡し」(七里=約27km)の海路で桑名宿と熱田宿の渡し場を往来した。現在渡し場は埋め立てられている。
『往時は桑名から宮の間は船路であったが、今は便船がないといわれて陸を宮へ。(広重は)「宮」では熱田神宮の馬追祭を描いている。』池田遙邨
 

〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号[MAP] TEL.086-425-6034 FAX.086-425-6036 お問い合わせ

●開館時間/9時〜17時15分 ●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)