当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

コスタリカ通信Vol.5

コスタリカ通信Vol.5

コスタリカ通信 タイトル



JICAシニア海外ボランティアとして、コスタリカで代替エネルギーや省エネ技術の指導をしている佐伯元(さえき はじむ)さんのレポートをお届けします。第5弾は予算編成とコスタリカ事情についての報告です。(2011年7月25日掲載)

2011年7月24日

佐伯元です。コスタリカ上陸後4ヵ月で生活も仕事もほぼ順調に進んでいます。

先日の日本女子サッカーのワールドカップ優勝は、日本人に勇気を与える快挙だと思います。当地では日曜日の昼過ぎに中継があり、アメリカの強力な攻撃を凌ぎ続けた選手たちの頑張りに感動しました。今回は、予算やコスタリカ事情(時間が経って初めて解ることもかなりあります)について報告します。
 

1.来年度予算

(1)予算編成
久しぶりに予算編成の仕事をしました。消耗部品(電池、プリンターのインク等)はパートナーが確保してくれるので、出張、セミナー(開催/参加)及び再生可能エネルギー導入の設備費の検討が主です。今回は来年度予算の「概算要求」に当ります。再生可能エネルギーの設備は、太陽光発電のモデルを導入することでは皆の意見は一致しましたが、お金の関係で(約15万円の上限値)少し計画を変更せざるを得ませんでした。それでもまだ予算が通ったわけではないので、今後も学長等にキチンと説明して行く必要があります。

(2)予算ができ、これから1年の仕事の計画がかなり明確になりました。当初あまり考えていなかったセミナー(大学関係者やときには市民対象の講座)をする必要があるので、準備が大変です。太陽光発電のモデルは、100W程度のパネルを安く買い、部品(インバーター等)も安いものを見つけてきて組み立てることになりました。私の苦手な部分ですが、パートナーや電子工学の先生が手伝ってくれるので、いい経験ができそうです。1年間の仕事の計画が固まり、少し落ち着きました。
 

2.コスタリカの自然
倉敷市とアラフエラ市とパナマシティ市の降雨量と温度の比較表
倉敷市とアラフエラ市とパナマシティ市の
降雨量と温度の比較

(1)気候
コスタリカは乾季と雨季があるが、殆ど年中温度差はないと前に報告しました。倉敷市とアラフエラ市の気温と降雨量の比較データをパナマのボランティアの友人(岡山にいる三井造船のOB)に送ったら、パナマ・シティのデータを追加して送ってくれました。
こんなことに興味を持つ得難い友人を得て喜んでいます。パナマもやはり中米の国の特徴が出ていると思います。

(2)日の出、日の入り
日本に居ると「日が長くなった」とか「日が短くなった」と言いますが、赤道付近では殆ど日の出、日の入り時間が変動しないと言われています。コスタリカは北緯10度なので、赤道から少しずれていますが日の出、日の入り時間は余り変動しません。(夏至にかけ1ヵ月に数分ずつ長くなり、夏至の日照時間は12時間41分でした)日照時間をずって見ていますが、余り変化しないのでがっかりです。岡山では年間で日照時間は4時間40分程度変化しますが、この点でもコスタリカは変化のない国と言えます。

(3)コスタリカの夏と冬
こちらでは乾季(12月~4月)を夏、雨季(5月~11月)を冬と呼んでいます。温度があまり変わらないのに不思議でしたが、最近やっと「冬」の意味が解りました。やはり寒いです。温度は25℃以上あっても、雨が降ると急に冷えて長袖が必要なことがあります。日本の25℃に比べて寒く感じるのは湿度のせいだと思います。年中スイカやマンゴーがあって変化がありませんが、やはり花にはその季節があるので、花を見て何とか季節の変化を感じることはできます。

(4)動植物
コスタリカは生物多様性が世界一豊かな国と言われています。有名な国立公園等に行かなくても、大学やアパートの庭でも日本では見られない珍しい動植物を見ることができます。先日行った動物園の写真を送ります。珍しい鳥もいましたが、びっくりしたのは、カメとクジャクとイグアナが一緒に餌を食べていたことです。

珍しい鳥1
珍しい鳥
珍しい鳥2
珍しい鳥
カメ,クジャク,イグアナ
カメ,クジャク,イグアナ

3.郵便事情

コスタリカの住所には町名や番地がありません。例えば、「目印になるもの」を基準に○m西、Xm北等と表示します。私のアパートは「目印」が裁判所なのでいいのですが、友人宅は「3本のブナの木」が目印です。番地がないのは困ると思いますが、パートナーに話すと「番地がないけどちゃんと着くからええんや」と言っています。「ブナの木がなくなったらどうするんや?」と聞いたら、「元ブナの木があった所」になるそうです。そやけど、ほんまにコスタリカはええ加減な国やな。 


<国際課より>
国際課では佐伯さんへの励ましのことばや質問をお待ちしております。メッセージは国際課がお預かりし、佐伯さんへ届けます。
倉敷市はコスタリカで奮闘中の佐伯さんを応援しています。