斉藤医院

スマートフォン用ツール
斉藤医院
平成4年度(第7回)倉敷市都市建築優秀賞受賞建築物

toshi

 伝統的な土蔵のイメージと西洋風の回廊、この和と洋のデザインと、漆喰と土壁の白と茶、この色のコントラストとを、石の円柱とコンクリート打放しの回廊の力づよいサイドラインが、うまくこの建物のバランスをもたせ郊外の田園の中に建っている。
 地域に根ざしコマーシャルリズムのない建物づくりで、どこからでも訪れ、歩車分離と車椅子などの弱者が、安心して入れるように、迎える『人にやさしい』・『土蔵』の医院をめざしているのだろう。
 土塗壁風の茶色の外壁は、経年の汚れで建物に落ち着きが出る色、植栽は敷地の周囲にバランスよくされているが、まだこれからそだつ緑。
 この建物の『完成』は数年後に予定されているようだ。

     建築場所:倉敷市西阿知町新田552-1
     構造  :鉄筋コンクリート造 地上2階
     敷地面積:1,806.59平方メートル
     建築面積:294.65平方メートル
     延べ面積:377.85平方メートル
     設計者 :倉敷建築工房大角雄三設計室
     施工者 :(株)荒木組
     完成年月:平成3年10月