当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

新見脳神経外科

新見脳神経外科

平成6年度(第2回)建築文化賞受賞建築物

一般建築物部門

”優秀賞”   「新見脳神経外科」


新見脳神経外科写真a




波打つような屋根が流動的で生命感があり、円い屋根、円みをもたせた壁が

やわらかく、人の顔のようなシンボルマークがまた丸くのどかである。

  打ち放しコンクリート、レンガタイルの壁とグレーの屋根が調和した三段の

コントラストになっており、また窓枠の赤の色づかいが効いている。

  「その土地から自然発生的に生まれたような」この建物は、シックな色彩と

デザインがうまくマッチし、地域の人々が親しめる暖かい雰囲気があり、病院必須

の信頼性と安心感を与えてくれている。

  県道に沿って歩道・バス停を敷地に設けて市民に私有地を開放し、地域社会へ

の奉仕と公共性にも配慮がされているこの医院は、訪れる患者だけでなくこの地区

の市民にも大きく貢献している。



所在地 :倉敷市児島柳田町1822      

建築主 :新見仁寿

設計者 :佐藤建築工房

施工者 :(株)藤木工務店倉敷支店

概要  :診療所
             RC造一部S造・地上2階
             敷地面積  1,982.00m2
             建築面積    629.45m2
             延べ面積  1,101.86m2

完成時期:平成6年2月