倉敷市芸文館

スマートフォン用ツール
倉敷市芸文館
平成6年度(第2回)建築文化賞受賞建築物
一般建築物部門

”優秀賞”   「倉敷市芸文館」

倉敷市芸文館写真a




公共ホールが美観地区をトライアングルに囲んで文化ゾーンを形成しており、

この建物の領域は倉敷川はもちろんこの地区一帯を取り込んでいる。

  「くらしき」の古いものと新しいものとを有機的に結び付けたデザイン・施工

技術力が、倉敷に新しい「顔」をつくりだしている。

  この「顔」はタイムスリップした美観地区から現世へ引き戻してくれ、安らぎと

陽の光を感じさせる自由な空間につつまれ、緑の配慮、水の演出、自然を表現

する石垣の表情、低くおさえた重心、倉敷の心の糧の誕生。

  芸術の表現の場として申し分ない「場」が設定された。

  広場を含め、ここが市民文化育成の場として、また健やかな憩いの場として

市民生活に馴染んでいく時、この「顔」の美しさはいっそう輝きを増すことだろう。

倉敷市芸文館写真b



所在地 :倉敷市中央1丁目18-1

建築主 :倉敷市長  渡邊 行雄

設計者 :(株)浦辺設計

施工者 :(株)藤木工務店倉敷支店・
                風早興業(株)JV

概要  :演劇ホール・記念館
               RC一部SRC造・地上4階地下1階
               敷地面積   20,800,00m2
               建築面積    5,570.21m2
               延べ面積   15,467.14m2

完成時期:平成5年8月


倉敷市芸文館連絡先
電話086-434-0400 ファックス086-434-0448
HPアドレス
http://www.kcpf.or.jp/hall/geibu/index.html 

<注意事項>
下記(ピンク色の部分)の連絡先は芸文館の連絡先ではありません。建築指導課の連絡先です。