暑中見舞い!紙すき教室

暑中見舞い!紙すき教室
終了しました
 「分ければ資源、捨てればごみ」と言われるとおりですが、身近にある牛乳パックをリサイクルしてハガキを作ることで、紙を再生する工程を体験しました。
 暑中見舞い用のはがきに使ってくれるかな?
 メールや電話ですぐに連絡がとれる現代ですが、それだけに自分で作ったハガキに自分で字を書いて届くハガキは喜びもひとしおではないでしょうか。

 当日の様子はくらいふブログ(2013年7月29日)から。

暑中見舞い!紙すき教室

 日時:7月29日(月曜日) 10時~12時
 会場:環境学習センター「環境学習教室」
 定員:親子15組30人程度
    (小学3年生以下は保護者同伴、4年生以上は1人での参加もOK)
 参加費:無料
 内容:チラシや使用済みの紙を再生して、ハガキサイズの紙を作ります。
    切手を貼って、田舎のおじいちゃんおばあちゃんに暑中見舞いを出すもよし、
    普段はメールでやり取りしている大切なあの人に手紙として出すもよし、
    紙が再生される工程を体験し、モノを大切にする気持ちと
    季節を大切にする気持ちを育てましょう。

申込・お問合せ

 倉敷市環境学習センターまで、電話、FAX、Eメールで。
 参加される方のお名前、ご連絡先、学年(年齢)をお知らせください。