各種通知等

スマートフォン用ツール
各種通知等

介護ロボット等導入支援事業のお知らせ (平成28年12月26日)

 平成28年12月9日付けで交付決定を行いました。
 交付決定を受けた法人は、以下の「事業実績報告等について」を元に、事業を実施(機器を購入)後、必要な様式等を揃えて期日までに倉敷市健康長寿課へ提出してください。

事業実績報告等について

導入手続きの流れ

(1)導入前準備(業者決定の手続き)

○ 交付申請の段階では見積書は1通でしたが国交付要綱に「補助事業者が補助事業を行うために締結する契約については、一般競争入札に付するなど、市町村が行う契約手続きの取り扱いに準拠しなければならない。」とされています。このことは市の補助金交付決定通知書にも明記してあります。

具体的には、予定価格が80万円を超える備品の購入は入札により、80万円以下の場合は複数の製造業者または販売代理店から見積りをとり、より安価な業者を選択することが求められます。【様式4】

しかしながら、そもそも導入する機器を取り扱う業者が1社しかないなど、入札や複数の見積もり徴取が困難な理由がある場合は、任意様式で結構なので理由を記載した申出書を実績報告時に見積書に併せて提出してください。【様式4-1】

また、入札書(見積書)には補助対象経費の対象となるか確認できるよう、経費の内訳(備品購入、初期設定、設置取付)を記載させてください。

・様式4号(入札(見積)執行調書)(Excel)

・様式4-1号(特定業者理由書)(Word)

(2)導入及び実績報告

○ 契約書は必ず作成してください。

○ 事業完了後(=購入等を行い、実際に機器の納品を受けること)1か月以内または平成29年3月31日のいずれか早い日までに、実績報告書及び添付資料を提出してください。【様式8及び様式3】

  ・様式8号(実績報告書)(Word)

   ・様式3号(所要額調書)(Excel。支出の実績で記載して下さい)

(3)補助金の交付

○ 実績報告書の提出を受けたときは、その内容を審査し、適正に実施されたと認める場合は、補助金額を確定し、事業者に通知します。

○ 補助金確定通知が届き次第、倉敷市に補助金の請求書を提出してください。これを受けて、事業者に補助金をお支払いします。【様式9】

  ・様式9号(請求書)(Excel)

 (注)計画の変更や中止が生じた場合は、健康長寿課までご連絡ください。
     健康長寿課 TEL:086-426-3315

使用状況報告について

  補助金によるロボットを導入した日の属する年度を初年度として原則3年間、「介護ロボット使用状況報告書」にて毎年度の状況報告をしていただきます。【様式7】

なお、初回の報告は平成29年4月末日までに実施していただくことになります。

  ・様式7号(使用状況報告書)(Word)※新様式にて提出してください(平成30年4月18日通知)

  ・介護ロボット使用状況報告書(別添1).xlsx

消費税等に係る仕入控除税額の報告について

  消費税及び地方消費税には、課税売上げに係る消費税額から、課税仕入れに係る消費税額を控除して税務署に納付する「仕入税額控除」という制度があります。

一方、事業者に対して補助金が支払われている場合、補助金の中に消費税等の負担を目的としている部分があるにも関わらず、結果として消費税の負担という目的に支払われず、事業者の手元に残ってしまい、補助金の一部返還が必要となる場合があります。

このため、補助事業実施後に消費税の確定申告が終わり、消費税等に係る仕入れ控除税額が確定しましたら、「介護ロボット導入支援事業補助金についての消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書」にて報告していただきます。【様式10】

・様式10号(消費税仕入控除税額報告書)(Word)