平成29年度

平成29年度

格安スマートフォン(スマホ)のトラブルに注意!(平成29年12月号)

(事例1)

 インターネットで格安スマホの契約をしたが、利用開始の手続きを自分でしなければならなかった。また、使い方などを聞きたくても、問い合わせ先が電話窓口しかなく、話し中でつながらない。

(事例2)

 スマホの修理期間中、代替機の貸し出しサービスがなく、スマホが長時間利用できなかった。

(事例3)

 メールアドレスの提供がなく、別会社のメールアドレスを取得したため、相手側の受け取り設定によりメールが届かなかった。

(アドバイス)

 格安スマホ会社の契約を従来の大手携帯電話会社の契約と同じように認識していることで、事例のようなトラブルが発生しています。格安スマホ会社は、大手携帯電話会社から回線を借りてサービスを提供し、実店舗を持たずに営業するなどして運営コストを抑えているため、大手携帯電話会社では無料で利用できていたサービスが有料だったり、提供されなかったりすることがあります。自分が想定しているような利用ができるか、現在の利用状況と格安スマホ会社が提供しているサービスを比べることが大切です。

 格安スマホの契約をする際は、次のことをよく確認しましょう。

◎問い合わせ窓口はどうなっているか

◎故障時の代替機の対応はあるか

◎メールアドレスの提供はあるか

◎どんなときに解約料が発生するか