くらしきNOW!

スマートフォン用ツール
くらしきNOW!

祝!日本遺産認定2018

「北前船寄港地」及び「古代吉備の遺産」をテーマとした2つのストーリーが、倉敷市の新たな日本遺産として認定されました。

 昨年の「一輪の綿花」に続いての認定であり、全国で初めて3つの日本遺産を有するまちになったとともに、倉敷市全域に日本遺産ストーリーが存在することとなりました。

 (詳しくはこちらをご覧ください。)

 

 3つの日本遺産認定となりました!

 国内外へふるさと「倉敷」の魅力を発信する絶好の機会です!

 

 

 (※)日本遺産とは・・・?
 地域の歴史的魅力や特色を通じて、我が国の文化・伝統を語る「ストーリー」を
 文化庁が認定するもので、平成27年に創設されました。
 ストーリーを語る上で欠かせない有形・無形のさまざまな文化財群を地域が
 総合的に整備・活用し、国内外へ発信していくことにより、地域の活性化を
 図ることを目的としています。