当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

成人式の在り方を検討しています!御意見をお寄せください。

成人式の在り方を検討しています!御意見をお寄せください。

成人式の在り方を検討しています!御意見をお寄せください。

平成30年10月22日 公表

 

 

令和4年4月から成年年齢が18歳に引き下げられることとなったため,成人式の在り方を見直す必要が生じています。

倉敷市におきましては,次に掲げるとおり議論を進め,令和2年度中に結論を出すこととしました。

今後の議論の進め方や内容等につきましては,順次,このホームページに掲載してまいります。

 

 

1 議論の大まかな予定

  平成30年度  情報収集・論点整理

  令和元年度  直接影響を受ける世代を中心に意向調査・具体的な方向性の検討

  令和 2年度  具体的な成人式の実施方法等の決定

 

2 予想される議論の内容

  成人式の意義,法改正( 成年年齢が引き下げられた)の意義について

  具体的な成人式の在り方(対象年齢,名称,実施時期,実施場所等)について

  経過措置(仮に対象年齢等を変更するとした場合の取扱い)について    など

 

3 議論の進め方

   倉敷市社会教育委員会議において議論します。

  直接影響を受ける世代を中心に意向調査を行う予定です。具体的な調査方法は検討中です。

 

4 御意見をお寄せください

  倉敷市教育委員会生涯学習課では、成年年齢の引き下げに伴う成人式の在り方について市民の皆様からの御意見を募集しています。

 

   問合せ先 

 倉敷市教育委員会生涯学習課

 住所 倉敷市西中新田640番地

 TEL   086-426-3845        

 FAX   086-421-6018

       E-MAIL edulife@city.kurashiki.okayama.jp

 

 

Q&A

1. 成年年齢の引き下げとは何のことですか 

成年年齢は,民法(明治29年法律第89号)によって定められており,現在は「年齢20歳をもって,成年とする。」とされています。

この度,民法が改正され,「年齢18歳をもって,成年とする。」となり,成年年齢が「20歳から「18歳」に引き下げられることとなりました。

2. 成年年齢が引き下げられるのはいつですか(改正民法の施行日はいつですか)

令和4年4月1日です。

3. なぜ成人式の在り方を見直す必要があるのですか

成人式については,法律や政令による決まりがなく,各自治体等の判断で行われています。

このため,「対象年齢を何歳とするのか」,「いつ実施するのか」,「実施主体は誰なのか(市が主催するのか,実行委員会が主催するのか)」など,自治体ごとに様々な形態の成人式があります。

現在,倉敷市では,次のとおり実施しております。

対象者   当該成人の日が属する年度に成年になる学年

      (4月2日生まれから翌年4月1日生まれまで)の者

実施    成人の日の前日の日曜日

実施場所  マスカットスタジアム(全市合同)

実施主体  実行委員会(当該新成人の有志で構成)

この度,民法が改正され,成年年齢が18歳に引き下げられたため,上記の倉敷市のルールに当てはめると,高校3年生の1月に成人式を実施することとなり,例えば大学受験を控えた時期と重なります。

ついては,倉敷市の成人式について「成人式の意義をどう考えるのか」,「そもそも何歳を対象者とするのか」,「実施時期や実施場所は適切か」,「『成人式』という名称をどうするのか」などについて検討すべきと考え,成人式の在り方を見直すこととしました。

4. 直接影響を受ける世代とは何のことですか

下記の表のとおりです。

対象者

令和4年度に

迎える年齢

平成30年度に

おける学年

平成14年4月2日から

平成15年4月1日までに出生した者

20歳

高校1年生

平成15年4月2日から

平成16年4月1日までに出生した者

19歳

中学3年生

平成16年4月2日から

平成17年4月1日までに出生した者

18歳

中学2年生

平成17年4月2日以降に出生した者

17歳以下

中学1年生 以下

5.成年年齢が引き下げられるのは(改正民法の施行日)、令和4年4月1日とのことですが、令和2年度中に結論を出すのは、時期が早すぎませんか(多方面の意見を集めるなど、もっと慎重に議論してはどうですか)

成人式については,着物で出席される方が大半を占める状況にあり,早い方においては,2年くらい前から着物や美容院等の予約をする実態があると伺っているため,遅くとも令和2年度中には結論を得て,早期に周知を図る必要があると考えます。

また,在り方を検討した結果「実施時期又は実施場所などを変更する」との結論となった場合には,会場の予約などの都合もあるため,令和2年度中に決定することとしました。

6. 経過措置とは何ですか

民法が改正されたため,令和4年度の成人式(令和5年1月の成人式)については,平成14年4月2日生まれから平成17年4月1日生まれまでの3学年(現在の高校1年生から中学校2年生まで)の方が一挙に成人式の対象者となります。

例年の出席者数(約3,000人)を考慮すると,約9,000人の新成人が集合することとなり,「そもそも会場に集まることが可能か」,「警備が対応できるのか」,「実行委員会の在り方をどうするのか」など,運営上の課題が生じます。

また,呉服店や美容院の対応能力を超えるといった意見も寄せられております。

ついては,令和4年度の成人式については,「学年によって開催日をずらす」,「会場を分ける」などの特別な対応が必要となる可能性があることを指しています。

※議論の結果,「現状の成人式の在り方を継続する。」となり、経過措置が不要となる可能性もあります。

7. 倉敷市社会教育委員会議とは何ですか

社会教育委員会議とは,「社会教育法(昭和24年法律第207号)」に規定された審議会のことで,社会教育に関する企画立案や調査研究を行い,教育委員会に助言する役割を果たしています。

倉敷市においては,学校教育関係者や社会教育関係者,学識経験者,家庭教育の向上に資する活動を行う方など合計15人の委員で構成しております。

 

平成30年9月21日開催の倉敷市社会教育委員会議における主な発言

○成人式の意義や成年年齢の法改正が行われたことの意義を考えるべき

○成人式を単なるイベントにしてはならない,新成人が成年になったことの趣旨を理解できるような式典とすべ

○高校3年の1月に成人式をすることは現実的でない,できるだけ多数が参加できる状況を整える必要がある

○着物を着ることは日本の文化,「着物を着せてやりたい」とする保護者の意見も考慮すべき

○呉服店,美容院等のことも考えておく必要があるのでないか  など

倉敷市教育委員会生涯学習課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3845  【FAX】 086-421-6018  【E-Mail】 edulife@city.kurashiki.okayama.jp

このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。メールを送信いただく際には、「パソコンからのメール拒否」や、「ドメイン拒否」などの各種設定にお気をつけください。生涯学習課からのメールが届かない場合があります。