当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

児島消防署

児島消防署


写真:児島消防署
児島消防署全景
(平成31年4月1日現在)

児島消防署 
管轄全体
人員数   102名

消防係      92名
日勤者,予防係   10名

消防車の数 19台
救急車の数  5台
 




臨港
琴浦

郷内


下津井

倉敷市児島について

 児島は瀬戸内海に面した,岡山県最南端の地域です。本州と四国を結ぶ瀬戸大橋があり,古くから海運業,繊維産業が栄え現在も学生服,ユニフォーム,ジーンズなどを代表とするアパレル産業が盛んな地域です。日本産ジーンズ発祥の地であり,地元ジーンズメーカーのショップが連なったオリジナリティー溢れるジーンズストリートは世界から注目を集めています。

 ほかにも,鷲羽山,王子が岳があり,瀬戸大橋と瀬戸内海を一望できる絶景スポットとしても,県内有数の観光地となっています。

    ジーンズストリート       鷲羽山から見た瀬戸大橋  王子が岳から見た瀬戸内海    六口島にある象岩

 

 

 

児島消防署について

 児島消防署は平成31年4月1日現在,職員102名,消防車19台,救急車5台,消防艇1隻,作業艇1隻で管内人口約68,000人の市民の皆様の生命・身体・財産を守っています。
 また,石油コンビナート地区(水島臨海地区)の一部を管轄しており,大規模かつ多種多様な災害に対処するため,消防艇やドラゴンハイパー・コマンドユニットなどの特殊消防車を配備しています。

 

 ドラゴンハイパー・コマンドユニットは,遠距離への大量送水が可能な「大容量送水ポンプ車」と,総延長1kmのホース(150mm口径)を積載し,最大で毎分8,000Lの大量放水が可能な「大型放水砲搭載ホース延長車」の2台の消防車で構成されています。

大容量送水ポンプ車
あらゆる場所からの取水が可能で,遠距離への大量送水が可能な大型車両

 全長8.94m,全幅2.5m,総重量15.9t

  

 ◯大型放水砲搭載ホース延長車

最長100m程度先の火点に対し,最大毎分8,000Lの放水が可能な大型車両

 全長8.22m,全幅2.5m,総重量12.3t

 ◯化学消防艇

 化学消防艇「みずしま」は,主要機関部には500馬力のエンジンを3基積載しています。さらに,積載している消防ポンプは毎分20,000Lの放水性能があり,毎分5,000Lの放水砲3基と毎分3,000Lの放水砲2基のほか,放水口が12口あり,レーダー,音響測深機を備えた高速消防艇です。

 全長21.8m,全幅5.2m,総トン数35t

  

 〇その他

 火災予防に関すること,防火訓練指導,救命講習等のお問い合わせ,その他疑問点がございましたら,お気軽にお近くの消防署までご連絡ください。


★普通救命講習会を集中的に開催しました!(児島消防署)

令和元年10月5日(土曜日)から10月11日(金曜日)までの間,児島図書館と共催で普通救命講習会を集中的に開催しました。

この講習会は,救急医療週間の行事の一環として心肺蘇生法を普及啓発することを目的に毎年開催しているものです。地域公共施設と共同で普通救命講習を集中的に開催することにより,一般市民の方に心肺蘇生法を身近に感じてもらい,応急手当の重要性について理解を深めてもらうことを目的としています。

今年度は,135名が受講し,心臓や呼吸が止まった人に対して行う心肺蘇生法などを学びました。受講者は,心臓マッサージや人工呼吸,AEDの使い方などについて,応急手当の知識と技能を習得しました。

 

                                        講習会の様子