当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

産業課

産業課

瀬戸大橋夕陽

 

繊維のように張りめぐらされた道をゆけば
先人たちの残した偉大で崇高な歴史や
今なお輝きを放つ活気あふれる産業に
触れられるでしょう。

潮の香りにつられて南の端まで足を伸ばせば
緑豊かに悠々とそびえる鷲羽山や
眼前に広がる瀬戸内の海に巡り合えるでしょう。

そして,
島と島とを結ぶ大きな橋を目の当たりにすれば
高ぶるあなたの心と児島という名の思い出が
一本の色あざやかな色で紡がれたことを
自然と感じるでしょう。

 

KOJIMA
KURASHIKI

「DENIM HOSTEL float」がオープンしました。

「DENIM HOSTEL float」は、「EVERY DENIM」共同代表の山脇さんと島田さんが

クラウドファンディングを活用して設立し、元住民の方々の協力も得て、

2019年9月21日にオープンしました。

児島地区で活動する地域おこし協力隊の池上さんが責任者を務めています。

地域おこし協力隊とは、倉敷市が地域外の人材を積極的に受け入れ、

地域協力活動を行ってもらい、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、

地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。


 
 

場所は、国道430号線沿い、バス停「王子ヶ岳登山口」徒歩1〜2分のところで、

下にある看板を目印に、脇にある坂道を登った先にあります。

デニムホステルフロートの看板

駐車場は、目の前にある無料市営駐車場が利用できます。

無料市営駐車場

坂道を上がると、デニムの移動販売を行いながら全国47都道府県を巡った、

キャンピングカーの「えぶり号」があり、向かい側には海を眺めることができるスペースがあります。

デニムホステルフロートに向かって坂を登っているところ

このベンチもデニムカラーです!

屋外スペース

玄関を入ってからもデニム要素がたくさんあり、わくわくするような空間です。

デニムホステルフロート入り口

玄関

ラウンジでは、フロートなどのソフトドリンクやカレーも楽しめます

メニューにあるカレーやフロート

この施設の名前にもなっている「フロート」

ラウンジでコーヒーを淹れる池上さん

フロートのラウンジ

産地にこだわったレモネードやコーヒー

宿泊施設の様子です。

宿泊施設の様子

襖や壁紙、畳べりまで全てがデニムで統一されており、

部屋からは、瀬戸内海の島々や瀬戸大橋も見渡すことができます。

宿泊施設の一例

実際にデニム商品を販売するショールームもあります。

販売エリア

DENIM HOSTEL floatのインスタグラムはこちら

地域おこし協力隊についてはこちら


倉敷観光WEB  倉敷観光コンベンションビューローバナー

 

こじまさんぽバナー  むかし下津井回船問屋バナー

 

三白市バナー   児島ジーンズストリートバナー

 

児島商工会議所バナー   くらしき地域資源ミュージアムバナー

 

倉敷市役所児島支所産業課
〒711-8565  倉敷市児島小川町3681-3 【TEL】 086-473-1115  【E-Mail】 indst-kj@city.kurashiki.okayama.jp