産業課

産業課

  水島の歴史と現在

「水島」とだけ名づけられた土地は、戦前には存在せず、「水島」の地名を初めて冠せ定着させたのは、1943年に建設された軍需工場「三菱重工業水島航空機製作所」でした。
水島地区は、戦前は漁業と干拓農業を主とする農業村でしたが、戦後本格的な工業化が進められ、海面埋立て工事により工業用地を造成し、昭和39年には水島地区を中心とする岡山南地区が新産業都市に指定されました。
以降数多くの企業が進出し、水島コンビナートとして日本有数の臨海工業地帯となりました。
平成23年5月に水島港が「国際バルク戦略港湾」として選定され、12月に水島コンビナートが「地域活性化総合特別区域」に指定されました。
そうした眠らないコンビナートの美しい夜景も見所ですが、元日には呼松の「佐曽宇~サソウ」,夏には地域住民総参加の「水島港まつり」,連島の「施餓鬼(せがき)」などの行事や祭りも行われ、「連島れんこん」や「連島ごぼう」などの農産物も盛んです。

第17回みずしま雛めぐりが開催されます

第17回みずしま雛めぐり 〜みんなこいこい 福に連なる 水島雛めぐり〜

 

今年も水島で雛めぐりイベントが開催されます。

 

オープニングセレモニーの様子

 

【期間】 令和2年2月22日(土曜日)〜3月8日(日曜日)

【場所】 水島愛あいサロン、水島商店街ほか

 

イベント会場では、毎年大好評のスタンプラリーが実施されます。

詳しくは、みずしま雛めぐりチラシ(2457KB)をご確認ください。

 

 

《お問い合わせ先(水島雛めぐり実行委員会 事務局)   090-5262-6732》

 

イベントのご案内 【雛列車の運行】

 

イベント開催期間中、水島臨海鉄道(株)では、お雛のかざりつけをした雛列車が運行します。

 

雛列車出発式

【日時】 令和2年2月22日(土曜日)10時55分〜11時30分

【場所】 水島臨海鉄道 水島駅

 

雛列車の運行

【期間】 令和2年2月22日(土曜日)〜3月8日(日曜日)

※1日4往復の運行になります。

※期間中雛列車の使用車両は限定いたします。

※また、車両故障発生の場合など予告なく運用を変更することがございます。

※詳しくは、水島臨海鉄道(株)ホームページをご確認ください。

 

 

《お問い合わせ先(運行時間について)  水島臨海鉄道(株) 086-446-0931》

 

イベントのご案内 【オープニングセレモニー】

 

水島愛あいサロンでは、園児による歌と踊りや、お琴演奏などのイベントで雛めぐりを盛り上げます。

 

オープニングセレモニー

【日時】 令和2年2月23日(日曜日) 13時00分〜14時00分

【場所】 倉敷市環境交流スクエア 水島愛あいサロン(コミュニティフロアA〜D)

 

※甘酒の無料接待があります。

※同日開催イベントとして、2月23日(日曜日)9時00分〜12時00分まで、水島愛あいサロン芝生広場にて水島朝市を実施します。

 

 

 

倉敷市役所 水島支所 産業課
〒712-8565  倉敷市水島北幸町1-1 【TEL】 086-446-1113  【FAX】 086-446-1143  【E-Mail】 indust-mz@city.kurashiki.okayama.jp