支払い方法

スマートフォン用ツール
支払い方法

  口座振替によるお支払い

  検針した月の翌月の16日(土・日・祝日の場合、翌営業日)にご指定の口座から、水道料金・下水道使用料(水道料金と合わせて請求しているものに限ります)を引き落としいたします。口座振替済のお知らせは、次回の検針時に「使用水量等のお知らせ」に併記して配布いたします。

口座振替の手続き

 預貯金通帳と通帳印及び最近の領収証又は「使用水量等のお知らせ」をお持ちのうえ、水道局指定金融機関の市内窓口、水道局水道料金本庁・水島・児島・玉島各料金窓口にてお申し込みください。
営業時間内に窓口へ行くことができない場合は、水道料金各料金窓口へご連絡ください。

水道局指定金融機関

銀行  中国、みずほ、広島、百十四、もみじ、香川、西日本シティ、トマト、山陰合同、伊予
信用金庫  玉島、水島、おかやま、吉備
信用組合  笠岡、朝銀西、横浜幸銀(倉敷市内店舗のみ)
労働金庫  中国
農協  晴れの国岡山
 ゆうちょ銀行(口座振替のみお取り扱い )

納入通知書によるお支払い

 検針した月の翌月に納入通知書をお送りします。

 上記の水道局指定金融機関(ゆうちょ銀行を除く)、コンビニエンスストアまたは水道局水道料金本庁・水島・児島・玉島各料金窓口、倉敷市庄・茶屋町・船穂・真備支所市民課にてお支払いいただけます。

 また、令和2年7月1日からスマートフォンアプリでもお支払いいただけます。

お取扱いできるコンビニエンスストア

 セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ、

 コミュニティ・ストア、セイコーマート、MMK設置店

 コンビニエンスストアでは、バーコードの印刷が無いもの、納付期限を過ぎたものは、お取扱いできませんのでご了承ください。

スマートフォンアプリによるお支払い

 令和2年7月1日から水道料金・下水道使用料(水道料金と合わせて請求しているものに限ります)が、スマートフォンアプリでお支払いできます。

 納入通知書にあるバーコードをスマートフォンで読み込むことで、いつでも、どこでも、簡単にお支払いができます。

ご利用できるアプリ

      PayPay(外部リンク)         LINEPay(外部リンク)

 

     PayB(外部リンク)                      楽天銀行(外部リンク)

 

     ゆうちょPay(外部リンク)                              auPay(外部リンク)

 

 お支払いできる上限金額

  ・PayPay、PayB、楽天銀行、ゆうちょPay(30万円)

  ・LINEPay(49、999円)

  ・auPay(25万円)

ご利用上の注意事項

・領収書は発行されません。領収書が必要な場合は、お手数をおかけいたしますが、金融機関、コンビニエンスストア、水道料金窓口などで直接お支払いください。

・お支払い後も、納入通知書がお手元に残ります。金融機関などで二重にお支払いにならないように、ご注意ください。

・パソコン、ガラケーからはご利用いただけません。

・バーコードの印刷が無いもの、納付期限を過ぎたものはスマートフォンアプリでのお支払いができません。

・お支払い手数料は無料ですが、パケット通信料はお客様のご負担となります。