水道水大好きっ子育成事業

スマートフォン用ツール
水道水大好きっ子育成事業

第三福田小学校で活動しました

 令和2年9月30日に、第三福田小学校4年生の子どもたちに安全でおいしい倉敷の水道水のお話やクイズ、実験を行い、最後に「水道水大好きっ子認定証」を授与しました。

 多くの子どもたちが、真剣な眼差しで職員の話を聞きメモ用紙の裏にまでびっしりとメモを取っていました。後日、第三福田小学校からお礼の手紙をいただき、その中に子どもたちの感想がありましたので紹介します。

 

〇浄水場の場所がちがうと、送られてくる水もちがうことにおどろきました。2Lの水が1円未満ということにもおどろきました。

〇井戸の水はしょうどくだけで飲める水になるのがすごいと思いました。

〇水はきちょうだし、しょうどくや薬を入れる手間がいるのが分かりました。

〇高梁川から水道に流れる時間は長いと思っていたけど、8時間かかるということが分かりました。

〇8時間もの時間をかけて、私たちが安心して飲める水を作ってくれていたのが分かりました。

〇水はいろいろなけんさをしてきれいになっていました。クイズをしたので分かりやすかったです。

〇浄水場は水を作れるし、今日太陽発電していると知って、エコだからすごいなと思いました。

〇最初みんなで勉強したことよりもたくさん知ることができて、とてもうれしかったです。

〇水のことをもっと知りたくなりました。

〇倉敷の水(2L)が1円より安くて、家で飲んでみるとおいしかったので安心しました。

〇たくさんの検査をして安心な水になっているんだなと思いました。

〇目の前で実験をしてくれたのでとても分かりやすかったです。

 

 第三福田小学校への訪問は「倉敷市出前講座 -水道水のできるまで-」の申請を受けて行っています。興味のある方はぜひ出前講座を申請してください。

 →出前講座

 

 実験2 クイズ

 ▲川の水がきれいになる実験      ▲クイズで盛り上がる様子

 おいしい水の話  認定証授与認定証

 ▲おいしい水道水の話の様子          ▲代表児童さんへ認定証授与  ▲水道水大好きっ子認定証

 

 


豊洲幼稚園で活動しました

 令和2年10月16日に、豊洲幼稚園の子どもたちに紙芝居「おいしいね くらしきのすいどうすい」のお話や、給水パック、給水車乗車体験を行い、最後に「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネット、給水車の折り紙をプレゼントしました。

紙芝居

▲紙芝居「おいしいね くらしきのすいどうすい」のお話をしました

給水パック 豊洲

▲給水パック(6L)背負い体験をしました

給水パック(豊洲園長先生と)

▲園長先生も一緒に給水パックを背負いました 

給水車

▲給水車の運転席乗車体験をしました

集合写真(豊洲)

▲豊洲幼稚園のみなさんと記念撮影をしました 

マグネットと折り紙

▲「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネットと給水車の折り紙をプレゼントしました折り紙

▲後日、給水車の折り紙に絵を描いてくれました

 多くの子どもたちから「楽しかった」の声をいただきました。アンケートに寄せられた、子どもたち及び保護者の感想を紹介します。

<子どもたちの感想>

〇すごいなあ、ごみをすてちゃいけんなあと思いました。

〇水が大切と思いました。

〇すごくおみずがおもたかった。

〇水を背負うのがたのしかった。

〇給水車がかっこよかった。

〇またみたいです。

<保護者の感想>

〇倉敷に住んでいても、倉敷の水について考えた事はなく勉強になりました。帰る時、用水路にゴミが浮かんでいて、子どもが「大事な水なのにゴミすてるのはよくないよね」と言っていて、ちゃんと子どもたちにも伝わっているんだなと思いました。

〇倉敷の水道水はおいしいということがわかり、安心してこれからも飲もうと思いました。

 豊洲幼稚園では、子どもと一緒に保護者も参加していただきました。ありがとうございました。

帯江幼稚園で活動しました

 令和2年10月28日に、帯江幼稚園の子どもたちに水道水のお話や、給水パック、給水車乗車体験を行い、最後に「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネットなどをプレゼントしました。

水道水のお話(帯江)

▲水道水のお話をしました

給水パック(帯江)

▲給水パックに水を入れて持ったり背負ったりする体験をしました

給水車(帯江)

▲給水車の運転席乗車体験をしました

マグネット(帯江)

▲「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネット、ボトル水「くらしきの水」などをプレゼントしました

集合写真 帯江

▲帯江幼稚園のみなさんと記念撮影をしました

 

<子どもたちの感想>

〇みずがおもたかったです。

〇給水車に乗車できて楽しかったです。

〇車にいっぱい水がはいっていた。

<先生の感想>

〇水の大切さや川にごみを出さないなど子どもたちにとって、多くの学びがあったように思いました。

〇給水車を間近で見て体験することで、子どもたちは水にとても興味をもったり、勉強になったりしました。この経験を元に、水を大切にしたり、おいしい水を飲んだりするなど子どもたちといろいろな形で水に関わっていきたいと思います。

 

折り紙 帯江

 後日、給水車の折り紙に絵を描いてくれました。

 子どもたちの笑顔と中にはくらっぴぃも乗っている楽しい給水車です。ありがとうございました。

 

赤崎幼稚園で活動しました

 令和2年10月30日に、赤崎幼稚園の子どもたちに紙芝居「おいしいね くらしきのすいどうすい」のお話や、給水パック、給水車乗車体験を行い、最後に「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネット、給水車の折り紙などをプレゼントしました。

紙芝居

▲紙芝居「おいしいね くらしきのすいどうすい」のお話をしました

給水車 給水車2

▲給水パック(6L)に水を入れて持ったり背負ったりする体験をしました

給水車3

▲給水車の運転席乗車体験をしました

認定証

▲「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネット、給水車の折り紙などをプレゼントしました

集合写真

▲赤崎幼稚園のみなさんと記念撮影をしました

arigami

▲後日、給水車の折り紙に絵を描いてくれました

<子どもたちの感想>

〇お水を入れるのがおもしろかった。袋に思ったよりもたくさんのお水が入ってびっくりした。

〇リュックの方がめっちゃ軽かった

〇水がどこから来るのかわかった。

〇車に乗ったのが楽しかった。お水を持つのは重かったけど、背負うのは軽かった。

<保護者の感想>

〇とても楽しく学ぶことができました。節水だけではなく、自然の川などもキレイにしないといけないねと子どもと話す良い機会になりました。

〇倉敷の水はとても安全に飲める処理が行われていて、倉敷に住んでいて良かったと思いました。安心して飲み水、家事に使えて感謝しています。

<先生の感想>

〇給水パックは実際に持ってみて重さが分かるので、子どもたちが一人一人体験ができてよかったです。また、リュックのように持ち運ぶことができることや、災害の時一人一日に必要な水の量を知ることができました。給水車を初めて見て、給水パックの体験をすることで「大きくなったら給水車に乗って水道の仕事がしたい」という幼児もおり、園児にとってはよい体験だったと思います。

琴浦東幼稚園で活動しました

  令和2年11月4日に、琴浦東幼稚園の子どもたちに紙芝居「おいしいね くらしきのすいどうすい」のお話や、給水パック、給水車乗車体験を行い、最後に「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネット、給水車の折り紙をプレゼントしました。

 当日はRNC西日本放送の取材があり、夕方のニュースに子どもたちがおいしそうに水道水を飲む様子が放送されました。

RNC取材 水道水飲む

▲RNC西日本放送の取材。蛇口から出る水を飲んで「おいしい」「めちゃうまくて、もっと飲みたいなって気分です」と感想を言ってくれました

 

 水道水飲む 水道水飲む

▲蛇口から出る水をみんなで飲みました 

 給水パック

▲給水パックに水を入れる体験をしました

 

集合写真

▲琴浦東幼稚園のみなさん(年長)と記念撮影しました

折り紙 琴浦東 折り紙 琴浦東2

▲後日、給水車の折り紙に絵を描いてくれました

 

<子どもたちの感想>

〇お水が汚れてしまうのでゴミは絶対にポイ捨てしたらいけないと思った。

〇水道のことがなんとなくわかった!

〇水がとてもおいしかったです。水をたいせつにつかおうと思いました。

〇いろいろな人のおかげでおいしいお水がのめるんだな!と思いました。

<保護者の感想>

〇水道水の安全性が分かり、日頃から家では使っていますが、より安心しました。

〇いつも浄水器の水を飲んでいたので、今回初めて水道水を飲みました。まろやかで甘さを感じておいしかったです。

<先生の感想>

〇生活の中で当たり前のように使っている水道水ですが、水道局の方々の安全安心の水道水を市民に届けてくださっている日々のご苦労を知り、また「水道水」について、多くのことを学ばせていただくことができました。(略)

 今後、子どもたちに、安心安全な水を届けてくださっている方々への感謝の気持ちを忘れず、水を必要以上に使わない「大切に使う」意識をもって生活できるように支援していきたいと思います。

二万幼稚園で活動しました

  令和2年11月11日に、二万幼稚園の子どもたちに紙芝居「おいしいね くらしきのすいどうすい」のお話や、給水パック、給水車乗車体験を行い、最後に「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネット、給水車の折り紙をプレゼントしました。

紙芝居 二万

▲水道管の実物を見せながら紙芝居をしました

給水パック 二万 給水パック背負い体験 二万

▲給水パックに水を入れ、背負う体験をしました

給水車乗車 二万

▲給水車の運転席乗車体験をしました

集合写真 二万

▲二万幼稚園のみなさんと記念撮影をしました

折り紙 二万幼稚園

▲後日、給水車の折り紙に絵を描いてくれました

<子どもたちの感想>

〇お水を大切にしようと思った。

〇川を流れた水がみんなの家に届いていることが分かって勉強になった。

〇給水車に乗ったのと給水パックを持ったのが楽しかったです。

<保護者の感想>

〇家に帰ってから「給水パック重たかった」や「お水って大切なんだよ」と沢山のお話が子どもとできたので、水に対して理解が深まったと思います。

万寿東幼稚園で活動しました

 令和2年11月13日、万寿東幼稚園の子どもたちに紙芝居「おいしいね くらしきのすいどうすい」のお話や、給水パック、給水車乗車体験を行い、最後に「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネット、給水車の折り紙をプレゼンとしました。

 当日は、KCT(倉敷ケーブルテレビ)の取材があり、夕方のニュースで、給水パックを背負ったり、給水車への乗車体験などの様子が放送されました。

kamizibai

▲紙芝居「おいしいね くらしきのすいどうすい」のお話をしました

kyusuipakku   kyusuipakku

▲給水パック(6L)に水を入れて持ったり背負ったりする体験をしました

syuzaihuukei

▲KCT(倉敷ケーブルテレビ)の取材を受けました。給水パックの体験では「そんなに重たくない」と感想を言ってくれました。       

kyusuisya

▲給水車の運転席乗車体験をしました                             

ninteisyou    ninteisyo

▲「すいどうすい だいすきっこ にんていしょう」マグネット、給水車の折り紙をプレゼントしました

syugousyashin

▲万寿東幼稚園のみなさんと記念撮影をしました

kyusuisyaorigami

▲後日、給水車の折り紙に絵を描いてくれました

<子どもたちの感想>

〇おもしろかったです。水道の仕事は大変だと思いました。用水路にゴミを入れたらいけないなと思いました。

〇水が川から来ることが分かった。給水パックを手で持ち上げられた。給水車に乗るのも楽しかった。

〇楽しかった。給水車に乗ったり、給水パックを持ったり、プレゼント(折り紙)も貰えて、かなりうれしかった。

<保護者の感想>

〇水を運んで貰えることはありがたいと思いました。給水車から供給して貰える量は限りがあるので、日頃から水を備蓄しておくことが重要だと改めて思いました。

〇給水車は、街中で見かける機会も少なく、その機能も知らなかったので、重要な体験で大変良かったです。