防災関連イベントなど

防災関連イベントなど

令和2年度倉敷市防災講演会・防災研修を実施しました

 高梁川流域連携中枢都市圏事業として、岡山地方気象台から講師を招き、令和2年度防災講演会及び防災研修を次のとおり開催しました。

 新型コロナウイルス感染症が流行している中で、席の間隔をあける、密になるグループ討議は行わない、マスク着用や手指消毒を徹底する、扇風機を使用して換気を行う、参加人数を会場定員300人に対して100人と限定するなどの対策を行い開催しました。

 なお、人数を制限したことにより来場できなかった方も多くおられたため、講演会の様子をYouTubeにて掲載する予定です。

 

1 実施日時

 令和3年1月31日(日曜日)

  • 講演会 13:00〜14:00(定員100名)
  • 研 修 14:10〜16:00(定員 60名)

2 実施会場

 倉敷市環境交流スクエア(水島愛あいサロン) コミュニティフロア

3 実施内容

 ・講演会 「防災気象情報について」

  講師:岡山地方気象台 地域防災官 井上 達二 様

  内容:気象情報をいかに読み解き、どのように利用するか

  全体  講師  間隔

 ・研修会 「経験したことのない大雨 その時どうする?」

  講師:岡山地方気象台職員(6名)

  内容:実災害を想定した避難行動を考えるためのワークショップ

  状況付与  ワークシート  発表

4 当日の動画

 講演会の様子を倉敷市動画チャンネル(YouTube)でご覧いただけます。※約3GB

 講演会の資料はこちら(PDF)

 視聴期限:令和3年12月31日

 

 倉敷発 復興ボランティアバス

 

 令和元年台風第19号の被災地(福島県いわき市)に、倉敷市と倉敷市社会福祉協議会がボランティア

バスを運行しました。

 第1回は、令和元年11月21日 午前7時30分に総勢21名で倉敷市役所を出発し、同月24日 

午後8時00分に倉敷市役所へ帰着され、また、令和元年11月28日 午前7時30分に第2回が

総勢21名で倉敷市を出発し、令和元年12月1日午後7時30分に倉敷市役所へ帰着されました。

 ご協力をいただいたボランティアの皆様、お疲れ様でした。

 

第2回 ボランティア派遣(令和元年11月28日)

 

ボランティア受付

 

伊東市長の挨拶

 

社会福祉協議会 中桐会長の挨拶

 

ボランティア代表の挨拶

 

乗車前に集合写真

 

ボランティアを激励する伊東市長

 

いわき市に向けて出発

 

現地到着後に、支援物資を渡す

 

現地の災害ゴミ集積所

 

清掃を手伝ったお宅での写真

 

ボランティア活動の様子

 

 

無事、倉敷市役所に帰着。おかえりなさい。

 

参加者をねぎらう伊東市長。

皆様、お疲れ様でした。

 

第一回 ボランティア派遣(令和元年11月21日)

参加ボランティアの受付

 

荷物の積み込み

 

ボランティアを激励する伊東市長

 

倉敷市社会福祉協議会 中桐会長の挨拶

 

ボランティア代表の挨拶

 

出発前に記念撮影

 

福島県いわき市に向けて、出発。

 

現地で説明を受けるボランティア

 

現地で活動するボランティア

 

床下の掃除をするボランティア

 

11月24日 午後8時00分 倉敷市役所到着

 

倉敷市社会福祉協議会 中桐会長の挨拶

 

防災危機管理室長の挨拶

 

バスを下車されたボランティアの方とハイタッチをしている様子

 

 

支援ボランティアの詳細

  詳細については、倉敷市社会福祉協議会ホームページをご覧ください。