男女共同参画推進センター

男女共同参画推進センター


貸館業務の中止について(詳しくはこちら)

新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中、生活不安・ストレスからDV被害,性暴力等のさまざまな問題の深刻化が懸念されています。 相談窓口のご案内

DV被害者の方の新型コロナワクチン接種について

 DV被害で住民票を移さないまま避難し,居住地にワクチン接種券が届かない方向けの内容です。

倉敷市男女共同参画推進センター


ィズアップくらしき は 、「男女がともに」利用し活用される施設として、
共に相互向上できる場となってほしいという意味をこめた愛称です。

ウィズアップくらしき(倉敷市男女共同参画推進センター)

施設の名称 ウィズアップくらしき(倉敷市男女共同参画推進センター)

ウィズアップくらしきは、「男女がともに」利用し活用される施設として、共に相互向上できる場となってほしいという意味を込めた愛称です。

何をやってるところ?

ウィズアップくらしきでは、次の業務を行っています。多くの方のご利用をお待ちしています。

(1)相談業務

 老若男女どなたでも、どこに相談して良いかわからないことなど、お気軽にご相談ください。

(2)貸室業務

 60~140平方メートルの会議室がございます。

(3)各種セミナー

 男女共同参画社会の推進を目的としたセミナー等を開催しています。

(4)配偶者暴力相談支援業務

 高梁川流域7市3町(新見市、高梁市、井原市、笠岡市、浅口市、総社市、倉敷市、矢掛町、里庄町、早島町)にお住まいの方を対象に、DV被害に関する相談・支援を行っています。

場所、開館時間

場所   倉敷駅前にある天満屋6階

開館時間 午前9時から17時30分

休館日  月曜日、祝日、年末年始

「国際女性デー(3月8日)」について

3月8日は国連が決めた「国際女性デー」です。

国連は1975年3月8日以来、この日を「国際婦人デー」と定め、現在は国連連合事務総長が女性の十全かつ平等な社会参加の環境整備するよう、加盟国に対し呼びかける日となっています。

この日イタリアでは、男性から女性へ日頃の感謝を込めてミモザを送ります。

このことから、ミモザの日とも呼ばれるようです。

これに合わせて、男女共同参画推進センターでは、ただ今、談話コーナーをミモザのカラーの黄色で飾り付けをしています。