倉敷市製販連携型商品開発等事業補助金

倉敷市製販連携型商品開発等事業補助金

小売・卸売業者と市内製造事業者との連携事業を応援します!

 一定の販売能力を持つ卸売業者又は小売業者が、倉敷市内の生産者・製造業者と連携して,市内製造事業者からの調達を促進し、地域の稼ぐ力と地域経済循環を高めるため新商品を開発や販売促進及び販路開拓のためのキャンペーン等を実施する場合,その経費の一部を補助します。

 倉敷市内の生産・製造業の活性化及び地域経済の振興を目指しています。

補助金名

倉敷市製販連携型商品開発等事業補助金

pdfチラシ(PDF)

pdf倉敷市製販連携型商品開発等事業補助金交付要綱(PDF)

補助の内容 ※申請者は卸・小売事業者です。ご注意ください。

補助対象事業

(1) 市内製造業者と連携してプライベートブランド(PB)商品,留め型商品,新商品等を開発する事業

(2) (1)で開発された商品又は市内製造業者が製造する商品に係る展示会・見本市等の開催や試食や試飲など当該新商品等の販売の促進又は販路の開拓を目的として実施する事業

(1)(2)を併用することは可能です。

例)卸売事業者が市内製造業者と連携し、成人の野菜不足を解消するため、地場産品の野菜を使ったオリジナルドレッシングを開発し、市内大型小売店舗や百貨店、ホテルなど複数の販売ルートに卸し、販売する事業

交付

対象者

補助対象事業を実施する卸売業者又は小売業者

(注)同一の事業に対して,倉敷市又は他の団体から別に補助金の交付を受ける者,市税を滞納している者,暴力団若しくは暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する者,公序良俗に反する事業を行っている者は補助金の交付対象外

補助率

補助対象と認められる経費の2分の1以内

※補助金額に千円未満の端数がある場合は切り捨て

限度額

100万円

補助金の制限

補助金交付は,一の卸売業者又は小売業者につき1年度1回限り

対象

経費

【市内製造業者と連携して新商品を開発する事業】

(1) 原材料費 (2) 試作品製造費 (3) 外注費  (4) 技術指導受入費 (5)市場動向調査費

【新商品又は市内製造業者が製造する商品の販売促進等事業】

(1) 使用料 (2) 貸借料 (3) 外注費 (4) 広報費 (5) 保険料  (6) 消耗品費

事業募集期間

~令和5年2月28日(月曜日)

※期間内で補助金交付申請書を受け付け、随時、書類審査で採択・不採択を決定します。

審査内容は次のとおりです。審査事項を必ずお読みください。

※予算枠が埋まり次第、早期終了します。

申請手続き

重要!!) 申請前に市への事前相談が必要です。

申請をお考えの方は、電話予約(086-426-3406)の上、事業の概要等がわかるものを添えて商工課窓口まで事前にご相談ください。

詳しくは以下の 補助金の「手引き」をご確認ください。
各種書類はダウンロードいただき、ご使用ください。

pdf補助金の「手引き」(PDF)

補助金交付の流れ

先に補助金交付申請書を提出し、事業実施後、補助金実績報告を行っていただきます。

令和5年2月28日(月曜日)までに補助金交付申請を行っていただく必要があります。

  1. 交付申請
  2. 補助金実績報告(請求書)
  3. その他様式
 
提出方法
  • 郵送または持参でお願いします。
  • 郵送:〒710-8565 倉敷市西中新田640番地 倉敷市商工課 あて
  • 持参:倉敷市役所 本庁2階6番窓口 商工課(受付時間:平日の8時30分から17時15分)


 倉敷市役所 文化産業局 商工労働部 事業継続支援室(本庁厚生棟2階)
 〒710-8565  倉敷市西中新田640番地
 【事業継続支援室コールセンター 電話】 086-426-3050
 受付時間 平日9時~17時