国内で交流

国内で交流

国内でできる国際交流

国内でできる国際交流を紹介しています。詳しくは右のコンテンツからご覧ください。

 

 

倉敷市・鎮江市友好都市提携25周年記念写真展作品募集 

1997年(平成9年)11月、倉敷市と鎮江市は友好都市提携を行い、2022年(令和4年)に25周年を迎えます。25周年記念写真展募集要項

 25周年を記念し、11月に写真展を開催します。

鎮江市民に向けてぜひ紹介したい倉敷市の魅力あふれる風景写真を募集します。

あなたの好きな倉敷の風景をお送りください。

 

 

募集期間:令和4年7月1日(金曜日)から令和4年8月31日(水曜日)まで

応募資格:倉敷市内に在住または通勤・通学の方

応募方法:必要事項を明記のうえ、写真データ(JPG形式、目安3MBから10MB程度、

               長辺3,000ピクセル以上)をメール・郵送・持参のいずれかで提出してください。

               応募は1人1点までです。

               <必要事項>

     (1)氏名(ふりがな)(2)年齢(3)住所(4)電話番号(携帯電話など昼間連絡のつきやすい番号)

     (5)市外在住の方は勤務先・学校名(6)撮影場所(7)撮影年月

     (8)作品名(9)作品の説明(50文字以内)

 

写真展会期・場所:

 倉敷市 令和4年11月17日(木曜日)13時から令和4年11月20日(日曜日)17時まで

     倉敷市立美術館エントランスホール

 鎮江市 令和4年11月21日(月曜日)から令和4年11月23日(水曜日)まで

     鎮江市政府市民ホール

 

くわしくは募集要項をご覧ください。

 募集要項(PDFファイル、195KB)

   注意事項・応募用紙(PFDファイル、384KB)

 

 

 

 

 

倉敷市・サンクトペルテン市 姉妹都市提携65周年記念 合同美術展  【終了しました】

1957年(昭和32年)9月、倉敷市とオーストリア共和国サンクトペルテン市は、日本とヨーロッパにおける姉妹都市第1号となりました。以来、文化・芸術をはじめとする両市の交流は65年に及びます。

サンクトペルテン市の芸術家エヴァ・リーブラー氏によるエッチング技法で描かれた独自の世界観を持つ作品と

倉敷芸術科学大学からの作品を展示

会期 2022年4月8日(金曜日)~5月8日(日曜日)    9時00分~17時00分

会場 加計美術館 (美観地区   倉敷館観光案内所隣接)

   入場無料 

   ※休館日 毎週月曜日(5月2日は開館) 

主催 倉敷市国際交流協会

共催 倉敷市 サンクトペルテン市 倉敷芸術科学大学

 

サンクトペルテンとの交流はこちらをご覧ください。

   姉妹都市提携について

 姉妹都市提携周年事業

 姉妹都市委員会訪問団 来倉

 学生受入・派遣プログラム

Kurashiki and St.Polten Joint Art Exhibition - Commemorating the 65th  Anniversary of our Sister City Affiliation

In,September 1957, Kurashiki and St.Polten, Austria, formed the first sister city affiliation between Japan and Europe.Since then, cultural and artistic exchanges between the two cities have continued for 65 years. Please enjoy the art exhibition commemorating the 65th anniversary of our sister city affiliation.

The exhibition presents works of St.Polten artist, Eva Riebler, which convey a unique view of the world drawn with etching techniques, and works of Kurashiki University of Science and the Arts.

Period of the art exhibition  :  April 8th (Fri) 〜 May 8th (Sun) in 2022

Venue   :   Kake Museum of Art (next to the Tourist Information Office, Bikan Historical Area)

         Admission Free

         ※Closed Monday (open national holidays)