消費生活センター

消費生活センター

消費生活相談専用電話:086-426-3115
相談時間:8時30分~17時 月曜日~金曜日(土日祝,年末年始休み)

災害に便乗した悪質商法に注意!!

 豪雨、台風、地震などの大規模な災害の後には、便乗した悪質商法などの被害が発生する傾向にあります。悪質商法は災害発生地域だけが狙われるとは限りません。全国の消費生活センターに寄せられた相談事例を知り、被害を未然に防ぎましょう。

【事例1

 台風で屋根瓦がずれたので、話を聞こうと思い業者を呼んだ。すると、屋根にビニールシートを掛けられ高額な代金を請求された。

【事例2】

 台風で雨どい、外壁が破損した。業者が訪ねてきて、「火災保険が下りるので、実費負担なく工事ができる。保険の申請は代行する。」と勧誘された。契約したが不審に思い、やめようと連絡したら、「保険適用前にキャンセルすると10万円のキャンセル料がいる。」と言われた。

【事例3】

 市役所職員やボランティをかたり、義援金の名目で金銭の振り込みを依頼する不審な電話があった。

【アドバイス】

 ・慌てて契約せず、複数の業者から見積もりを取る。

 ・保険が適用されるか、契約している保険会社に直接確認する。

 ・公的な機関が電話などで義援金を求めることはありません。

 ・義援金などを募っている団体の活動状況を確認する。