産業課

産業課

  水島の歴史と現在

「水島」とだけ名づけられた土地は、戦前には存在せず、「水島」の地名を初めて冠せ定着させたのは、1943年に建設された軍需工場「三菱重工業水島航空機製作所」でした。
水島地区は、戦前は漁業と干拓農業を主とする農漁村でしたが、戦後本格的な工業化が進められ、海面埋立て工事により工業用地を造成し、昭和39年には水島地区を中心とする岡山南地区が新産業都市に指定されました。
以降数多くの企業が進出し、水島コンビナートとして日本有数の臨海工業地帯となりました。
平成23年5月に水島港が「国際バルク戦略港湾」として選定され、12月に水島コンビナートが「地域活性化総合特別区域」に指定されました。
そうした眠らないコンビナートの美しい夜景も見所ですが、元日には呼松の「佐曽宇~サソウ」,夏には地域住民総参加の「水島港まつり」,連島の「施餓鬼(せがき)」などの行事や祭りも行われ、「連島れんこん」や「連島ごぼう」などの農産物も盛んです。

鳴子おどりイベント「2023年水島港まつりで会いましょう〜ほにや倉敷お披露目会〜」を開催します!

写真

 

 高知のよさこい踊り人気チーム”ほにや”がプロデュースを行い、令和2年3月、水島よさこいを象徴するチームとして結成された”ほにや倉敷”が、コロナ禍による活動休止を乗り越え、ついにお披露目!

 ”ほにや倉敷”のデビューを記念して「2023年水島港まつりで会いましょう〜ほにや倉敷お披露目会〜」を開催します。

 当日は、”ほにや倉敷”だけでなく”ほにや”をはじめ、県内外のチームが演舞を行います。どなたでも自由にご観覧いただけます。

 ”ほにや倉敷”の初演舞をお見逃しなく!!なお演舞スケジュール等詳細は「水島港まつりHP」でご確認ください。

 チラシのダウンロードはこちらから

 

  1. 開催日時
     
    令和4年12月17日(土曜日)13時から16時

  2. 開催場所
     倉敷市水島支所駐車場、よさこい大通り

  3. 観覧料
     
    無料

  4. 参加チーム
     ほにや倉敷、ほにや、宇宙〜SORA〜、七彩、俄嘉屋、備後ばらバラよさこい踊り隊、ふくびじん、ほろろ一座 鬼粋(順不同)

    参加チーム写真

  5. 駐車場
     倉敷市立水島中学校(雨天時駐車禁止)

    駐車場を示した会場周辺地図

  6. その他
     新型コロナウイルス感染症拡大防止対策及び岡山県のイベント開催のガイドラインに従い開催します。

  7. 開催可否の判断
    (1)12月10日の時点において、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置、岡山県及び倉敷市により宣言、要請がある場合は中止します。
    (2)荒天による開催可否は、2022年12月17日(土曜日)午前6時の状況を踏まえ実行委員会で協議の上、本ホームページやSNS等でお知らせします。
    (3)雨天時は中止とします。

    ※参加チーム、会場、スケジュール等は変更になる場合があります。

  8. 新型コロナウイルス感染症対策について
    チェックリスト

 

倉敷市役所 水島支所 産業課
〒712-8565  倉敷市水島北幸町1-1 【TEL】 086-446-1113  【FAX】 086-446-1143  【E-Mail】 indust-mz@city.kurashiki.okayama.jp