農林水産課

  マスカットごぼう写真

毒キノコによる食中毒防止の徹底について

例年、夏の終わりから秋にかけて、毒キノコを食用キノコと誤認して採取、喫食することによる食中毒が多く発生することから、

岡山県備中県民局から情報提供及び注意喚起がありました。

つきましては、農産物直売所の管理者及び農産物直売所にきのこ等を出荷する生産者は十分御注意ください。

<参考>

1 厚生労働省ホームページ

(1)自然毒のリスクプロファイル

(2)毒キノコによる食中毒に注意しましょう

2 厚生労働省Twitter

 

3 令和3年の毒キノコにおける食中毒事件の例

【事例1】

発生年月日

令和3年9月14

発生場所

盛岡市、患者らが勤務する事業所

原因

キノコの煮物(クサウラベニタケ(推定))

概要

知り合いからもらったキノコを喫食したことで発症した。

患者

3名(3040 代女性)

主な症状

嘔吐、頭痛、下痢、腹痛

【事例2】

発生年月日

令和3年9月28

発生場所

群馬県、旅館

原因

キノコ入りすいとん(カキシメジ(推定))

概要

当該旅館で提供された食事を喫食したことで発症した。

患者

9名(30 代~70 代男性)

主な症状

下痢、嘔吐、腹痛等

【事例3】

発生年月日

令和3年9月29

発生場所

大分県、キャンプ場

原因

ツキヨタケ

概要

キャンプ場周辺に生えているキノコを採取し調理したものを喫食したことで発症した。

患者

3名(50 代女性、60 代~70 代男性)

主な症状

悪心、嘔吐(頻回)、寒気

スイートピー写真
倉敷市農林水産課(本庁舎7階)
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3425  【FAX】 086-421-1600  【E-Mail】 agfrfs@city.kurashiki.okayama.jp