【募集終了】学生を対象とした「働くあなたを食で応援」プロジェクトの参加者を募集します

【募集終了】学生を対象とした「働くあなたを食で応援」プロジェクトの参加者を募集します

【募集終了】学生を対象とした「働くあなたを食で応援」プロジェクトの参加者を募集します

1921年、大原孫三郎は、日本で初めて、労働者の安全・衛生・健康のための機関「倉敷労働科学研究所(現・大原記念労働科学研究所)」を開設しました。そこで、働く人々の主食代用食として開発されたのが「倉敷労研饅頭(くらしきろうけんまんとう)」です。

 様々な職種、働き方がある現代において、もし主食代用食やサポート食を開発するとしたら、どんなものが考えられるでしょうか。

G7倉敷労働雇用大臣会合が開催されることを記念して、次世代を担う学生の皆さんを対象に、労働雇用の探求学習と令和版・主食代用食の開発の取り組みを支援します。

 あなたの自由な発想で、働く大人たちを応援してみませんか!

募集チラシ

支援対象

倉敷市内在住もしくは市内の高校、専門学校、大学に通学する学生(1グループ3人以上で構成すること)

支援金額

5万円

支援内容

  1. 労働雇用に関する探求学習 ※大原記念労働科学研究所の支援付き
  2. 令和版・主食代用食のレシピ開発 

募集期間

令和5年1月11日(水曜日)~令和5年1月31日(火曜日)

活動期間

令和5年3月10日(金曜日)まで

成果発表会

労働雇用に関するシンポジウム内で開催予定です。

基調講演は旭化成(株式会社)名誉フェロー吉野彰氏(ノーベル化学賞受賞者)に行っていただきます。

  • 日時 令和5年3月30日(木曜日)午後
  • 会場 倉敷市民会館ホール

申請書類

申請方法

募集要項を確認していただき、様式1~3を下記問い合わせ先へ提出してください。

その他

申込多数の場合、事務局にて参加グループを選考する場合があります。

開発したレシピの保護を目的に、商標登録や意匠登録の申請、レシピ本等の作成を行うことは問題ありません。

G7倉敷労働雇用大臣会合推進室
〒710-8565  岡山県倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3244  【FAX】 086-426-3288  【E-Mail】 lab-smt@city.kurashiki.okayama.jp