平成24年度

平成24年度

買え買え詐欺にご注意!(平成25年1月号)

【事例】 B社のパンフレットが届いていないかと、A社から電話があり、その後、B社のパンフレットが届いた。A社は、B社の販売している権利(社債)は大変価値があり封筒が届いた者しか購入する権利がない、代わりに買ってくれれば権利を高額で買い取ると言うが、本当だろうか?

【解説】 このようなケースでは、勧誘業者(A社)の登記情報や所在地などの実態を確認することができません。A社から利益を得られたケースもなく、購入後に連絡が取れなくなる事がほとんどです。

【アドバイス】 (1)持っていない金融商品や権利を高額で買い取るという話は相手にしない。簡単にもうかるうまい話はありません。(2)絶対にお金を渡さない。郵送や手渡しでお金を支払ってしまうと、証拠が残らないため返金はより難しくなります。(3)高齢者が被害に遭っていないか、周囲の見守りが重要です。

 不審に思ったら一人で悩まず相談してください。また、身近な高齢者などの様子がおかしいことに気付いたら、消費生活センターへ相談するよう勧めてください。