交通安全

交通安全

新着情報

水路等への転落事故にご注意ください!

水路の側を通るときには転落事故にご注意ください!

 

 岡山県南部地域は全国的にも用水路が多く、倉敷市内でも水路等への転落事故が多発しています。

 倉敷市では危険箇所を抽出して転落防止柵の設置を進めていますが、全ての水路等に柵を設置する

ことは難しいのが現状です。

 下記のような点に注意していただくようお願いします。

 

「転落事故防止に関するちらし」はこちら

 

●通勤・通学の時間帯に転落事故が多くなります。

 通り慣れた道でも十分に気をつけましょう。

 スマートフォンを使いながら通行すると目の前の段差に気づきにくくなります。

「歩きスマホ」や「ながら運転」は絶対にやめましょう。

 

●こんな場所が危険です。

 次のような場所で転落事故が多くなります。

 ・カーブの先にある水路

 ・水路の上にある橋梁

 ・水路沿いの狭い道路

 このような場所では特に注意してください。

 

 

●冬季は重傷事故が多くなります。

 冬季は日暮れが早くなり、暗い時間が長くなるため転落事故も増加します。

 また、水温が低く、周りも暗いために発見されるまでに時間がかかり

 重傷・死亡事故となる割合が高くなります。

 自転車に乗る際は早めにライトを点灯し、歩行者もLEDライトなどを活用して足元を照らしましょう。