当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

今森光彦さん講演会「里山という身近な自然」(くらしき環境フェスティバル)

今森光彦さん講演会「里山という身近な自然」(くらしき環境フェスティバル)

今森光彦さん講演会の開催「里山という身近な自然」(終了しました)

今年のくらしき環境フェスティバルでは、ニッポンの里山(NHK)などでもおなじみの写真家「今森光彦」さんにご講演いただきます。

今森さんと言えば琵琶湖を中心とした里山をテーマとする一方、 熱帯雨林から砂漠まで、広く世界の辺境地の取材もされています。
最近では、ペーパーカット アーティストとしてもご活躍中です。

倉敷市市立自然史博物館20周年記念の講演会からちょうど10年振りの倉敷での講演で、里山をテーマにお話いただきます。
本年度は、新たに策定した倉敷市生物多様性地域戦略の1年目であり、本講演は、そのキックオフの意味も込めて開催いたします。

日時日時 平成26年6月7日(土曜日)14時00分~15時30分(開場13時30分)

場所場所 水島愛あいサロン(倉敷市環境交流スクエア) コミュニティーフロア
  (倉敷市水島東千鳥町1-50)

講師講師  今森 光彦 氏
 

見出しプロフィール 
いまもり みつひこ
1954年、滋賀県生まれ。写真家。琵琶湖をのぞむ田園風景の中にアトリエを構え活動する。自然と人との関わりを「里山」という空間概念で追い続ける。また、自然のかたちをハサミひとつで鮮やかに切り出すペーパーカット作家としても知られる。写真集に『里山物語』、(新潮社)、『湖辺』(世界文化社)、『世界昆虫記』(福音館書店)、『里山を歩こう』(岩波書店))など数多くの著書がある。第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞、小学館児童出版文化賞など数多くの賞を受賞。

参加費参加費 無料(事前申し込み必要)

申込み申込み方法 電話、FAX、Eメール
 FAX、Eメールの場合は、住所,氏名、連絡先(電話)をご記入ください。
 (定員250名・先着順)

〆切申込締切 平成26年6月2日(月曜日)
 ※会場に余裕がある場合、当日も受け付けます。

連絡先連絡先 倉敷市環境学習センター
 電話:086-440-5607
 FAX:086-440-5605
 E-mail:keec@city.kurashiki.okayama.jp

本講演会は、くらしき環境フェスティバルの一環として開催します。当日会場となる水島愛あいサロンでは、午前中より、ステージイベント、展示、体験コーナー、フードコートなど開催しています。

,