暑中見舞い!紙すき教室

暑中見舞い!紙すき教室
この講座は終了しました。
 紙をリサイクルする工程を体験し、牛乳パックからハガキを作りました。
 リサイクルは大事なことですが、その前にリデュースできるか、リユースできるか考えてから買うモノを選ぶことの方がもっと大切です。
 形あるものはいつか壊れてしまうので、最後の最後捨てないといけないときはリサイクルできる材料でできているものを買うのがいいですね。

 当日の様子は くらいふブログ(2014年7月29日) から。

暑中見舞い!紙すき教室

 日時:   平成26年7月29日(火曜日) 10時~12時
 会場:   環境学習センター「環境学習教室」
 対象:   小学生以下の親子(小学3年生以下は要保護者同伴)
 定員:   先着30人
 参加費:無料
 内容:   使用済みの牛乳パックなどを再生して、ハガキサイズの紙を作ります。
     切手を貼って、田舎のおじいちゃんおばあちゃんに暑中見舞いを出すもよし、
     普段はメールでやり取りしている大切なあの人に手紙として出すもよし、
     紙が再生される工程を体験し、モノを大切にする気持ちと
     季節を大切にする気持ちを育てましょう。

     天気が良ければ12時から流しそうめんもあります。

申込・お問合せ

 倉敷市環境学習センターまで、電話、FAX、Eメールで。
 参加される方のお名前、ご連絡先、学年(年齢)をお知らせください。