産業廃棄物対策課

産業廃棄物対策課
産業廃棄物メニュー1 産業廃棄物メニュー2 産業廃棄物メニュー3 産業廃棄物メニュー4 産業廃棄物メニュー5 産業廃棄物メニュー6 産業廃棄物メニュー7 産業廃棄物メニュー8 産業廃棄物メニュー9 産業廃棄物メニュー10 産業廃棄物メニュー11 産業廃棄物メニュー12 産業廃棄物メニュー13 産業廃棄物メニュー14 産業廃棄物メニュー15

無害化処理認定申請に関する告示について

 環境大臣が、低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の無害化認定申請について、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第15条の4の4第3項において読み替えて準用する第15条第4項の規定により、以下のとおり告示をしました。

                           記

1 告示の日:令和3年1月29日(金)

2 申 請 者:株式会社かんでんエンジニアリング 代表取締役 青嶋 義晴

3 無害化処理施設の設置場所:岡山県倉敷市潮通一丁目1番5号

4 無害化処理施設の種類:ポリ塩化ビフェニル廃棄物の洗浄施設

5 無害化処理施設において処理する産業廃棄物:

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第2条の4第5号に規定するポリ塩化ビフェニル汚染物のうち、電気機器又はOFケーブル(ポリ塩化ビフェニルを絶縁材料として使用した電気機器又はOFケーブルを除く)に使用された絶縁油であって、微量のPCBによって汚染されたものが塗布され、染みこみ、付着し、又は封入されたものが廃棄物となったもの)

6 申請年月日:令和3年1月6日(水)

7 申請書等の縦覧場所:

  倉敷市環境リサイクル局リサイクル推進部産業廃棄物対策課

   (岡山県倉敷市西中新田640番地)

8 縦覧の期間:令和3年1月29日(金)から令和3年3月1日(月)まで

9 意見書の提出:

法の規定により、本件無害化処理施設の設置に関し利害関係を有する者は、生活環境の保全上の見地から意見書を提出することができます。

(1)提出先  環境省中国四国地方環境事務所

                 〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井一丁目4番1号 岡山第2合同庁舎11階

(2)提出期限  令和3年3月15日(月)

(3)提出方法

      事務所窓口 午前9時から午後5時までに持参してください。

    イ 郵送    提出期限内必着

    ウ FAX      086-224-2081

(4)記載事項(日本語で記載してください。)

    ア 生活環境保全上の見地からの意見

  イ 氏名及び住所

    ウ 利害関係を有する理由

 (5)意見書の書式

    書式の指定はありません。