公有財産活用室

公有財産活用室

倉敷市庁舎等再編基本構想を策定しました

 昭和55年に建築された現在の本庁舎は、狭隘化や会議室不足等をはじめとした

機能面での課題を抱えるほか、近年、頻発化、激甚化する自然災害等の緊急事態

に対応するための防災・災害対応機能のさらなる強化が求められています。

また、本庁舎周辺には公共施設が複数立地しており、ファシリティマネジメントの観点から、

長寿命化や複合化など公共施設再編についての検討が必要となっています。

このような課題を解決するため、市では「倉敷市庁舎等再編計画検討委員会」

を平成304月に設置し、庁内横断的に検討を行い、

この度「倉敷市庁舎等再編基本構想」をとりまとめました。

 

倉敷市庁舎等再編基本構想.pdf(2762KB) 記者会見資料 .pdf(1607KB)

庁舎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市公共施設の今後の方向性について考える地区説明会資料

design

 

11月29日~12月13日まで市内4地区で開催した説明会の資料は次のとおりです。


1 公共施設一斉更新問題の背景  

   山陽学園大学地域マネジメント学部 澤俊晴 准教授

    資料1(4180KB)

2 公共施設個別計画における施設の方向性  

  倉敷市企画財政部公有財産活用室

  資料2(2254KB)

  資料3(574KB)

  資料4(149KB)

3 ワークショップ「公共施設のあり方向・今後の方向性を考える」

  自分の考えを整理する個別ワーク&多様な意見を知るグループワーク

      資料5(51KB)

 

      説明会ちらし

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた修繕及び業務の対応について

別紙1のとおり、お知らせします。
現在、公有財産活用室発注の修繕及び業務を受注している場合は、チェックリストとコロナウイルス打合簿を提出してください。

公共施設マネジメントに関するデータ


倉敷市公共施設等総合管理計画(平成28年6月)NEW!!
倉敷市公共施設白書本編(平成25年3月)
倉敷市公共施設白書施設別編(平成26年5月)
倉敷市公共施設白書施設別編(平成27年6月更新)
倉敷市人口推計業務報告書(平成27年3月)
 を公表しています。

こちらからご覧ください。


地図からも施設別データシートを検索することができます。
こちら(倉敷市統合型GIS 倉敷市地図情報)からご覧ください。