カルタで学ぶ日本遺産

スマートフォン用ツール
カルタで学ぶ日本遺産

「カルタで学ぶ日本遺産」よくある質問について

「日本遺産」とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて、我が国の文化・伝統を語る「ストーリー」を文化庁が認定するものです。倉敷市では、認定された3つのストーリーをテーマとしたカルタを作り、郷土への理解を深める教材として市内の小学校などへ配布するのにあわせ、親しみやすい読み札を広く募集します。

 

1 受付期間

 令和2年7月15日(水曜日)~8月17日(月曜日)必着

2 応募条件

 どなたでも応募できます。 ※おひとり様何点でも応募可

3 読み札の選定方法

 選定委員会が各45音の読み札を選び、全応募作品からグランプリ(1点)と準グランプリ(3点)を決定。

 発表は9月中旬を予定。

4 表彰

 グランプリ(1点) 10,000円分の図書カード
 準グランプリ(3点) 3,000円分の図書カード

 ※45音の読み札に選ばれた方全員へ完成版カルタ一式+本人デザインのA4サイズ読み札をプレゼント

5 応募方法

 下記リンク先から応募用紙をダウンロードしていただき、郵送・FAX・Eメールのいずれかでお送りください。

  →「応募用紙(PDF)

6 読み札の条件

  • 頭文字は、45音(※1)とします。ただし「ん」に限り,読み札の末尾に使用します。

    45音

  • 日本遺産に認定された倉敷市の3つのストーリ―を構成する文化財にまつわる単語を入れてください。

     ※単語例の一覧は下記リンク先からご確認ください

      →「読み札で用いる単語例(PDF)

  • 35文字以内で収めてください。
  • 小学3年生が理解できる表現を目安としてください。
  • 7 応募先・問い合わせ先

      〒710-8565  倉敷市西中新田640番地
      倉敷市日本遺産推進協議会事務局(倉敷市日本遺産推進室内)
      TEL:086-426-3018 / FAX:086-426-5131
        mail:karuta@city.kurashiki.okayama.jp

     

    8 よくある質問

    Q 応募用紙を持参しても良いですか?
    A 本庁4階の日本遺産推進室へお越しください。

    Q 複数応募する場合は,件数分のチラシが必要ですか?
    A 応募用紙はコピーしてもらって構いません。

    Q 複数の応募用紙を郵送やFAXする場合,全ての氏名や住所を記入する必要はありますか?
    A 1枚のみで大丈夫です。

    Q 「電話番号」は携帯電話でも良いですか?
    A 固定電話と携帯電話のいずれでも構いません。

    Q 一人で45作品全てを作らないといけませんか?
    A お一人1作品(カルタ1枚分)だけで構いません。

    Q 「35文字以内」の制限は,「文字数」と「読みの音」のどちらですか?
    A 「読みの音」です。短歌の「五・七・五・七・七」で31文字なので,目安にしてください。

    Q 「頭文字」と「単語」の組み合わせは決まっているのですか?
    A 好きな頭文字とテーマ(単語)を自由に組み合わせてもらって構いません。

    Q 「小学3年生が理解できる表現」とは具体的に決まりがありますか?
    A 特に決まりはないですが,
     ・漢字はルビを振るので,どの漢字でも大丈夫です。
     ・比喩や二重否定など,紛らわしい言い回しはなるべく控えてください。

    Q 1作品に二つのテーマを入れても良いですか?
    A テーマに関する単語が複数入っても良いのですが,テーマ番号は1つに決めてください。

    Q カルタは小学校に配布されるそうですが,購入は出来ますか?
    A 現時点では販売を予定していません。

    チラシ
    (上記チラシをクリックすると、PDFファイルが開きます)

倉敷市役所 企画財政局 企画財政部 企画経営室 日本遺産推進室(倉敷市日本遺産推進協議会)
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3018  【FAX】 086-426-5131  【E-Mail】 kura-story@city.kurashiki.okayama.jp

◆このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。