中核市サミット2020 in 倉敷

スマートフォン用ツール
中核市サミット2020 in 倉敷
sdgs

日程・会場

令和2年10月29日(木曜日) 13時30分〜17時45分(受付12時45分〜)
会場:倉敷アイビースクエア(倉敷市本町7−2)

スケジュール(予定)
12時45分〜 受付
13時30分〜14時00分 開会式
14時05分〜15時05分 基調講演
 演題 『頻発・激甚化する災害から「生き抜く」ために』
15時20分〜16時40分 パネルディスカッション  ※テーマ毎に2会場に分かれ実施
 第1会場 『災害から「生き抜く」ためのまちづくり』
 第2会場 『コロナに「打ち勝つ」観光文化のまちづくり』
16時55分〜17時45分 全体会議・閉会式

テーマ

 地域を創り、地域に生きる ~中核市が育む日本の力~

目的

 中核市は、平成8年に12市が移行して以来、社会情勢に対応しながら、地域の中核都市として地方分権の推進と地域の発展に大きな役割を果たしてきました。制度発足から20年余りを経た現在では60市まで拡大し、全市の人口は約2,233万人となるなど、我が国における存在と責任は高まっています。
 本格的な人口減少と高齢化を迎える我が国では、自治体が行政上の諸課題に的確に対応し、住民の暮らしと地域経済を守るための取組を進めていく必要があり、中核市は、各々の地域の中核都市として将来にわたって活力ある社会を維持していく役割が求められています。
 一方で、近年、頻発・激甚化する自然災害によって、住民の尊い命や財産を失う等、各地で甚大な被害が生じています。加えて、新型コロナウイルスといった新たな感染症の脅威を受ける中、地方創生の中枢となる中核市は、持続可能なまちづくりの基盤となる防災・減災に向けた取組、地域活性化のための力強いまちづくりを早急に進めていかなければなりません。
 中核市サミット2020in倉敷では、災害から「生き抜く」ためのまちづくり、そして、コロナに「打ち勝つ」観光文化のまちづくりについて、中核市の市長が一堂に会して議論を深め、その方策を全国に発信し、真の地方創生につなげてまいります。
 なお、新型コロナウイルス感染症の影響により、全国各地で様々なコンベンションの中止や延期を余儀なくされるなど、国内外における交流は停滞し、地域経済は大きな打撃を受けています。本サミット開催においては、コロナ禍を「生き抜き、打ち勝つ」一つのモデルケースとして、「新しい生活様式」を踏まえた感染拡大防止と交流促進との両立を図る新たなコンベンションの形を示してまいります。

基調講演

講師 東京大学大学院情報学環 特任教授・日本災害情報学会会長 片田 敏孝 氏
演題 『頻発・激甚化する災害から「生き抜く」ために』

パネルディスカッション

第1会場  『災害から「生き抜く」ためのまちづくり』

《コーディネーター》岡山大学地域総合研究センター長 三村 聡 氏
《コメンテーター》東京大学大学院情報学環 特任教授・日本災害情報学会会長 片田 敏孝 氏
《パネリスト》 中核市市長 4名程度
《趣旨》
 近年、全国各地で頻発・激甚化する自然災害により、住民の尊い命や財産を失う等、多くの中核市においても甚大な被害が生じており、被災地では、現在、一日も早い復旧・復興に向けて邁進しているところです。
 また、今後も地球温暖化による気候変動に伴う台風や集中豪雨の増加、さらには南海トラフ地震や直下型地震などの発生が危惧されているなか、全国各地で、地域の実情に応じて、将来にわたって活力ある社会を維持していく上での基盤となる防災・減災、国土強靭化に向けた取組が進められています。
 加えて、新型コロナウイルス感染症の感染防止を踏まえた防災対策など新たな課題への対応についても進めていかなければなりません。
 本パネルディスカッションでは、各中核市でのこうした取組を紹介するとともに、災害から「生き抜く」ための方策等について議論します。

第2会場 『コロナに「打ち勝つ」観光文化のまちづくり』

《コーディネーター》東洋大学大学院国際観光学部 客員教授 丁野 朗 氏
《コメンテーター》公益財団法人大原美術館 理事長 大原 あかね 氏
《パネリスト》中核市市長 4名程度
《趣旨》
 これまで、全国の各地域では、地方創生の実現に向けて、郷土への愛着と誇りの醸成につながる町並み保存、文化財の総合的な活用、地場産品の振興などといった地域資源のブランド化や観光客の拡大につながる様々な取組を進めてきましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、現在、国内外における交流は停滞し、地域経済は大きな打撃を受けています。
 本パネルディスカッションでは、各中核市での地域の個性と魅力の創出に向けた取組を紹介するとともに、「新しい生活様式」を踏まえたまちの魅力発信や交流拡大など地域経済の回復につなげるコロナに「打ち勝つ」ための方策等について議論します。

参加申込

入場は無料です。
ただし事前のお申込みが必要です。下記の画像「お申込はこちら」をクリックしてお申込みください。
※当日は、質問・意見等の発言はできません。

申込締切

令和2年10月8日(木曜日) ※※座席に限りがございますので、先着順とさせていただきます。

参加される皆さまへのお願い

 サミット開催中の新型コロナウイルス感染症への対応につきまして、下記の通りご案内させていただきます。参加される皆さまにおかれましては、ご案内内容をご一読賜り、ご理解並びにご協力をお願い申し上げます。

  • マスクの着用をお願いします。
  • 入場時には、入口にて手指消毒をお願いします。
  • 検温、自身の健康状態の把握をお願いします。
  • 体調の悪い方は、参加の自粛をお願いします。
  • ソーシャルディスタンスへの理解と協力をお願いします。
  • 厚生労働省提供の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のインストールにご協力いただきますようお願いします。

※厚生労働省チラシ:「新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)」

お申込みフォーム


 倉敷市役所 企画財政局 企画財政部 企画経営室(本庁舎4階) 【庁舎案内図】
 〒710-8565  倉敷市西中新田640番地
 【TEL】 086-426-3055  【FAX】 086-426-5131  【E-Mail】 plnpol@city.kurashiki.okayama.jp