新型コロナウイルス感染症関連情報

新型コロナウイルス感染症 関連情報

新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター
受付時間:8時30分~19時00分(土日・祝日含む)
0120-190-777※間違い電話にご注意ください

感染予防のページへのリンク 相談窓口(保健所関連)のページへのリンク 倉敷市の患者発生状況のページへのリンク

個人の方向けのページへのリンク 事業者向けのページへのリンク 子育て・教育のページへのリンク
倉敷市の施設等の対応のページへのリンク 新型コロナウイルス感染症対策本部会議のページへのリンク 人権への配慮や詐欺への注意喚起のページへのリンク

伊東香織倉敷市長のメッセージ(9月26日)

新型コロナウイルス感染症

感染防止について市民の皆様へのお願い


感染状況は減少傾向にありますが、冬に向けて感染拡大に転じることが懸念されます。一人ひとりが、自主的に感染対策を行うことが大切です。

市民の皆様におかれましては、引き続き基本的な感染対策の徹底をお願いします。


1.ワクチンの接種

  • ワクチンには、感染症の発症や重症化を防ぐ効果が認められており、若い方でも、重症化したり、倦怠感などの症状が長引いたりする可能性があるため、早めの3回目・4回目接種をご検討ください(1回目、2回目の接種も可能です)。
  • 3回目、4回目の接種券がお手元にある方は、オミクロン株対応ワクチンの接種が可能です(9月28日(水曜日)から接種を開始します)。

 

2.基本的な感染対策の徹底

  • 高齢者や基礎疾患があるなど重症化リスクの高い方や、日常的にそれらの方と接する方は、混雑した場所への外出など感染リスクの高い行動を控えましょう。
  • 発熱、のどの痛み、咳など少しでも体調が悪い場合には、外出を控えましょう。
  • 十分な換気を徹底し、3密(密閉・密集・密接)を回避しましょう。
  • 会食はできるだけ少人数・短時間で、大声を控え、会話をする際はマスクを着用し、感染防止策が徹底された飲食店等を利用しましょう。
  • 予防効果の高い不織布マスクの正しい着用や手洗い、手指消毒を徹底しましょう。

3.医療機関の適切な受診

  • 症状が軽い場合は、岡山県検査キット陽性者登録センターの利用を検討しましょう。
  • 医療機関を受診する際には、なるべく休日や夜間ではなく、平日の日中に、かかりつけ医や最寄りの診療・検査医療機関(発熱外来)を受診しましょう。

 令和4年9月26日

 倉敷市長 伊東 香織




家庭内での感染注意!

家庭内感染注意! いつでも家庭でもマスクをつけましょう! PDFへ

新型コロナウイルス感染症 感染を広げないためのポイント

事業者の方へ~防ごう!職場内クラスター

全国的に、事業所内における従業員同士の感染例が増えてきています。その中には、昼食時や休憩時の行動が原因だと推測されるケースがあります。これまで通り、事業所の換気や、従業員の手指消毒を徹底していただくとともに、次のことについて、改めてご理解いただき、感染防止に取り組んでください。

体調不良時の対応

事業所の責任者は、従業員の体温測定をしてください。発熱やかぜ症状がある場合は、勤務をさせないでください。

従業員で陽性者が出た場合

陽性の従業員はもちろんのこと、濃厚接触者及び感染の可能性がある者を勤務させないでください。

昼食時の取り組み離れて食事をする子どものイラスト

できるだけ多く、昼食が取れる場所を確保し、従業員が密にならないようにしてください。

昼食時の会話は控えるよう、従業員に周知してください。

喫煙所や更衣室、休憩室利用時の注意喚起

同時に利用できる人数を制限するなど、従業員が密にならないようにしてください。

利用時は会話を控えるよう、従業員に周知してください。

地元飲食店を応援

テイクアウトやデリバリーなどを行っている地元飲食店を支援する取組を紹介しています。