新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルスとは

新型コロナウイルスは,RNAウイルスの一種で、粒子の一番外側に脂質からできた二重の膜を持っています。手洗いはウイルスを流すことができ、さらに石けんを使った手洗いは、ウイルスの膜を壊すことができるので有効です。また、手指消毒用アルコールも同様に膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。

口や鼻から、咳、くしゃみ、会話等でのウイルスを含む飛沫等を吸入するか、ウイルスが目や鼻、口に接触することにより感染します。長時間滞在したり、換気が不十分であったり、混雑した室内などでは、感染が拡大するリスクがあることが知られていますので、3密を避けることが大切です。

倉敷市内の発生状況について

倉敷市内で発生した新型コロナウイス感染症患者についての詳細は、患者発生状況のページをご確認ください。

岡山県内の発生状況・検査実施状況について

岡山県内の発生状況・検査実施実施状況については、岡山県のホームページでご確認ください。

相談・問い合わせ先(発熱や風邪様症状、その他一般)

 

かかりつけ医のいる方

かかりつけ医をお持ちの場合は、かかりつけ医へ電話でご相談ください。
特に、お子さんは風邪の症状を認めやすく、また症状を正確に訴えられないこともあることから、相談の目安に関わらず、小児科医による診察を必要とすることがあります。このため、受診に迷う場合は、かかりつけ小児医療機関に電話で相談してください。

かかりつけ医のいない方

かかりつけ医をお持ちでない場合は、発熱外来(岡山県ホームページ)で診療・検査医療機関を検索していただくか、新型コロナウイルス受診相談センターへご相談ください。


【倉敷市新型コロナウイルス受診相談センター】

平日9時~21時・土日祝9時~17時
※上記以外の時間は応答メッセージに従ってください。
TEL:086-434-9819※おかけ間違いにご注意ください
FAX:086-434-9805(平日9時~17時)

一般的な問い合わせ

  • 発熱や風邪等の症状はないが、感染に不安がある方
  • どこに相談すればいいかわからない方

岡山県電話相談窓口
24時間対応(FAX:平日9時~17時)

電話による相談が出来ない方については、FAXでの相談も受付けています。
TEL:086-226-7877
FAX:086-225-7283


【厚生労働省電話相談窓口】
9時~21時
TEL:0120-565653(フリーダイヤル)

【倉敷市コールセンター】 
8時~21時(年中無休)
TEL:086-426-3030※おかけ間違いにご注意ください

新型コロナウイルス感染症罹患後も続く症状について

新型コロナウイルス感染症に感染し、治療や療養が終わった後に、感染性は消失したにも関わらず、他に明らかな原因がなく、疲労感、倦怠感、咳、息苦しさなどの症状が長引く方や新たに症状が出現したりする方がいることが分かってきています。

新型コロナウイルス感染症罹患後も続く症状について、また症状が続く場合の受診方法については、岡山県ホームページをご確認ください。

陽性者と接触された方(濃厚接触者)について

 

濃厚接触者(自宅待機と健康観察をお願いする方)について

 ※1 「感染対策を講じた」とは、日常生活を送る上で可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共有を避ける、消毒等の実施などの対策を想定しています。

※2 発熱外来(岡山県ホームページ)

「濃厚接触者」とは

令和4年7月22日より濃厚接触者の方の待機期間が見直し(7日間から5日間への短縮等)されました。

陽性者の感染可能期間内(※)に陽性者と接触した者のうち、次の範囲に該当する方を言います。
 ※感染可能期間内:発症日の2日前から、診断後に隔離開始されるまでの間

 1.患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった方
 2.手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、マスクなどの必要な感染予防策なしで、「患者」と15分以上の接触があった方(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)
 3.適切な感染防護無しに患者を診察、看護若しくは介護していた方
 4.患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方

 

濃厚接触者である同居家族等の待機期間について


日常生活のなかで感染対策(※1)を講じた日と判断される場合もあります。

※1 「感染対策を講じた」とは、日常生活を送る上で可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共有を避ける、消毒等の実施などの対策を想定しています。

  • 濃厚接触者においては,同居家族等の待機期間が終了した後も,陽性者の療養が終了するまで(10日間)は次のことに気をつけてください。

    ・検温など自身による健康状態の確認

    ・リスクの高い場所の利用や会食等を避ける

    ・マスクを着用すること

  • 無症状患者が発症した場合は、その発症日を0日目として起算します。
  • 自宅療養者(陽性者)の療養期間が延長しても、同居の濃厚接触者の待機期間は延長となりません。
  • 自宅待機の解除後に、復職や復学される場合は、勤務先や学校等へ相談のうえ、所属の指示に従っていただきますようお願いします。 なお、待機期間終了後に職場等で勤務を開始するにあたり、職場等に検査の陰性証明を提出する必要はありません。
  • ※厚生労働省事務連絡(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第18条に規定す る就業制限の解除に関する取扱いについて(令和2年5月1日 令和4年1月31日一部改正))

濃厚接触者である同居家族等の待機期間の考え方

  陽性者の発症日または住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日として5日間。
 例)7月1日が陽性者の発症日
    7月6日まで自宅待機
    7月7日から解除、出勤可能

 

濃厚接触者である同居家族等の待機期間の過ごし方

    待機期間は新型コロナウイルス感染症を発症する可能性がありますので、以下のことをお願いいたします。

    ・不要不急の外出は控えてください。協力者がおらず、食料品の購入等、やむを得ず外出する際は、マスクの着用や手指衛生などの感染対策を行い、他人との距離を保ち、最小限の時間で自宅に戻ってください。
    ・公共交通機関は使用しないでください(電車、バス、タクシー、飛行機など)。
    ・毎日2回(朝・夕)の体温と症状の有無をご確認ください。発熱、咳、息苦しさ、強い倦怠感などの症状に注意し、これらの症状が見られたら、必ず事前に連絡のうえ、発熱外来(岡山県ホームページ)を受診してください。

    濃厚接触者(社会機能維持者を含む)の待機期間の早期解除の適用拡大について

    次のとおり変更になります。

    •  濃厚接触者のうち社会機能維持者に適用している待機期間5日間の早期解除(無症状の場合であって2日目及び3日目の抗原定性検査キットによる検査で陰性の場合、3日目からの解除)について、全ての事業の従事者において適用可能とします。 なお、この場合の解除について保健所への連絡は必要ありません。
    • 高齢者施設や保育所等の従事者においては、ワクチン接種の3回目実施済み等の条件の下、毎日検査による陰性確認によっても業務従事を可能とします。

    ※詳しくは、岡山県ホームページをご確認ください。 また、事業者の方は、岡山県からの通知をご確認ください。

    医療機関を受診するときのお願い

    • 発熱等の風邪症状がある場合は、必ず事前に医療機関に電話でご相談ください。
    • 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
    • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

    オンライン診療について

    新型コロナウイルス感染症が拡大し、医療機関の受診が困難になりつつあることに鑑み、時限的・特例的な対応としてオンライン診療に対応した医療機関が増えています。オンライン診療に対応可能な医療機関の一覧は岡山県のホームページで公開していますので、ご確認ください。

    感染予防・新型コロナウイルスに負けない身体づくりのポイント

    今年も注意が必要!熱中症

    気温や湿度の高くなるこの時期から、熱中症への対策が必要です。

    特に新型コロナウィルス感染症予防のためのマスク着用で,熱中症へのリスクが高まります。

    感染症とともに熱中症も予防し、元気に夏を乗り越えましょう。

    熱中症の症状や対策はこちら(「熱中症・ヒートショック予防」)

     

      「今年も注意が必要!熱中症」         

     

      「熱中症を防ぐために屋外ではマスクをはずしましょう」


    ページの先頭へ

    マスクの着用と手洗い・手指消毒にご協力を

     新型コロナウイルス感染症は感染している場合でも咳等の症状が出ない場合があることが知られています。無症状の場合でも会話等による飛沫から感染が広がる恐れがあります。症状がなくても平時からマスクの着用をお願いします。

     令和4年5月20日に、厚生労働省より、マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて示されました。詳細についてはこちらをご覧ください。

     接触感染を防ぐには石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒が重要です。積極的な手洗い・手指消毒をお願いします。

    マスクと消毒のお願い(イラスト)  手洗い啓発用 

    感染リスクが高まる「5つの場面」

    倉敷市内においても、新型コロナウイルスの感染者が増加しています。基本的な感染対策に加え、感染リスクが高まる5つの場面に特に注意していただき、自分と家族など大切な人の健康を守りましょう。

      感染リスクが高まる5つの場面

    身のまわりを清潔に

    アルコール消毒液は新型コロナウイルスの脂肪の膜を壊すことができるため有効ですが、入手ができないときのために、アルコール消毒液に代わる消毒方法についてご紹介します。

    消毒のやり方について

    なお、アルコールの代替となる消毒方法について、住宅・家具用洗剤に含まれる界面活性剤が新型コロナウイルスの除去に効果的であると証明されました。詳しくは経済産業省ホームページをご確認ください。

    消毒のやり方について

    始めよう!新しい生活様式

    新型コロナウイルスからあなたと身近な人の命を守れるよう新しい生活様式を取り入れて、日常生活を見直してみましょう。

    • 買い物は1人または少人数ですいた時間に
    • 並んで待つ時は、前後にスペース
    • 料理は大皿を避けて、個々に
    • 人とすれ違う時は、距離をとるマナー
    • 公共交通機関での会話は控えめに など
    新しい生活様式

    新型コロナウイルスに感染された方やご家族の方へ(心の健康相談)

    ウイルス等の感染は人々の生活の中で起こることであり,この状態は,あなたやご家族のせいで生じたわけではありません。しかし,新型コロナウイルスについては,現在,社会的な関心が高いことから,ご自身のことを責めたり,周囲の反応に胸を痛めることがあるかもしれません。つらい気持ちを誰かに話したり,相談することでつらさが和らぐことがあります。お一人で抱え込まずご相談ください。

    >新型コロナウイルスに感染された方やご家族の方へ

    新型コロナウイルスに負けない心と身体づくり

    長引く自粛生活で心も体も疲れていることかと思います。

    心と体も健康に過ごせるポイントについて、紹介します。

    心と体を健康に過ごすポイント   あいうべ体操

    不安を感じられている方へ

    新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う影響に関して、不安や疲れなどを感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか。 このようなストレス状態が続くと、こころ、からだ、考え方などにさまざまな変化が現れることがあります。

    不安な気持ちも言葉にすることで楽にになることもあります。倉敷市では不安を感じおられる方が気軽にご相談していただくために、メンタルヘルスに関する相談窓口を設置しています。詳しくは新型コロナウイルス感染症拡大で不安を感じられている方へをご確認ください。

    新型コロナウイルス感染症拡大で不安を感じておられる方へのリーフレット

    妊娠中の方・お子さんをお持ちの方・高齢者の方へ

    新型コロナウイルス感染症は、日頃からの予防が大切ですが、もしも感染した場合は、入院や施設療養、あるいは自宅療養となり、外出ができなくなります。
    感染した場合に備えて、家族で対応や備えを話しておくこと、少なくとも2週間程度の備蓄をしておくこが大切です。
    妊婦の方へ

      妊婦の方向けの資料

    妊婦の方向けの資料


    お子さんをお持ちの方へ

    お子さんをお持ちの方に向けた資料



    お子さんをお持ちの方に向けた資料




    高齢者の方へ

    高齢者の方へ向けた資料



    接触確認アプリCOCOAを活用しよう

    新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について

    COCOAとは、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受け取ることができるスマートフォン用アプリです。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

    アプリのインストール方法については、厚生労働省のホームページをご確認ください。

    cocoaチラシ

    感染された方やそのご家族への配慮について

    くーぴっと新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染者や濃厚接触者、医療関係者に対するSNS等での誹謗中傷、差別偏見、いじめ等が行われています。
    人は病気への不安から、特定の人を敵と認識(差別)し、そこから離れることで自分自身を守ろうとします。不確かな情報の拡散は多くの人を傷つけ、人々の不安を煽ることにもつながります。
    感染するリスクは誰にでもあるのです。一人ひとりが思いやりをもち、正しい知識を身につけ、情報に振り回されないよう冷静に行動することが大切です。
    詳しくは新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう(日本赤十字社ホームページ)をご確認ください。

    新型コロナウイルス感染症に関連した不当な偏見・差別にお困りの方についての相談窓口を法務省が設けています。詳しくは法務省のホームページをご確認ください。
    また、倉敷市の人権問題については、人権推進室のホームページをご確認ください。

    医療従事者への配慮について

    医師や看護師等の医療従事者の方々は、私たちの健康、生命を守るため日常診療に加えて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて、日々懸命に取り組まれています。報道されているような心無い医療従事者への差別について、厚生労働省が啓発チラシを作成しています。

    啓発チラシ