中心市街地シェアサイクル導入促進事業

スマートフォン用ツール
中心市街地シェアサイクル導入促進事業

 中心市街地シェアサイクル導入促進事業を開始します

 倉敷市では,現在,コロナ禍により来訪者が激減している美観地区を含む中心市街地において,コロナ収束後の新しいインバウンド対応を見据え,公共交通機関を利用して来訪される観光客等の移動利便性の向上を図るとともに,地域内の周遊を促進することを目的に,社会実験として実施します。

 期間: 令和2年9月17日(木曜日)~令和3年1月中旬予定

 実施主体:倉敷市

 運営主体:OpenStreet株式会社

シェアサイクルとは

 決められた専用駐輪場(ステーション)であれば,24時間いつでも,電動アシスト自転車を借りたり,返したりできる新しいサービスです。最寄りのステーションで電動アシスト自転車を借りて,中心市街地周辺のステーションで返却できます。

 

ステーションの場所について

 倉敷市では,下記の場所に設置されています。

※チャージャーラック:充電可、通常ラック:充電不可

エリア ステーション設置場所 ラック(自転車置場)数 自転車台数(おおよそ)
駅前(北口) 1三井アウトレットパーク 倉敷 チャージャーラック:10 5台
駅前(南口) 2天満屋倉敷店前 チャージャーラック:20 13台
3中国銀行倉敷駅前支店前 通常ラック:7
中心市街地(美観地区) 4倉敷市荷捌き場 通常ラック:10 17台
5倉敷中央駐車場前 チャージャーラック:10
6新渓園前 チャージャーラック:7
7倉敷アイビースクエア 通常ラック:8
その他(市役所周辺) 8倉敷芸文館 チャージャーラック:10 20台
9倉敷市役所 チャージャーラック:15 通常ラック:15
 合計  ステーション 9ヶ所

ラック 112

(チャージャーラック72,通常ラック40)

55台

 

※地図をクリックすると,別画面で拡大し開きます (赤丸の数字:チャージャーラック,白丸の数字:通常ラック)

ポート設置場所の地図

ステーションでの操作概要の図

事前準備

まずはアプリをダウンロード

アプリのダウンロード用二次元バーコード

  氏名・メールアドレス・電話番号・パスワード(英数8桁以上)を入力し,会員規約に同意の上,案内にしたがって登録します。

 ※Yahoo!JAPAN IDまたはFacebookでログインも可能

 

アプリ内で決済方法を選択

 倉敷市では,下記の決済方法がご利用いただけます。

  • クレジットカード
  • キャリア決済(ソフトバンク・ドコモ・au)
  • Yahoo!ウォレット

 

ご利用方法詳細

 ご利用方法(PDF 2264KB 別画面で開きます)

利用ガイド1

ご利用ガイド2

利用料金

 15分あたり70円(12時間最大1,000円)

 

貸出・返却時間

 24時間いつでも

 ※三井アウトレットパーク 倉敷のステーションは,営業時間外は倉敷みらい公園からの出入りになります。ご注意ください。

 

ICカードを鍵として登録すると便利! (予約時の暗証番号を入力する手間が省けます)

 利用中に,ご自身でお持ちのICカード(電子マネーのカード。SuicaやPASUMOなど)を「鍵」として登録すると,次回以降,カードをかざすだけで利用できます。

 ※ICカードの種類によっては,ご利用いただけない場合もございます。あらかじめ,ご了承ください。

 

利用に関するお問い合わせ

  HALLO CYCLING のお問い合わせページのバナー

  HELLO CYCLING お問い合わせページへ

 ※ HALLO CYCLINGは,OpenStreet株式会社がが運営しているシェアサイクリングサービスです

 

お客さまサポート窓口

 電話 050ー3821ー8282(24時間365日)

 ※18時~翌9時は,事故などによるご連絡を除き,留守番電話につながります。予めご了承ください。

 

 

 

 

「中心市街地シェアサイクル導入促進事業」実施に係る受託候補者の選定結果

令和2年6月9日(火曜日)に,倉敷市中心市街地シェアサイクル導入促進事業実施業者選定委員会において審議した結果,

OpenStreet株式会社

を受託候補者として選定しました。

※質問は他社からもあったが,申請・提案は1社のみ

利用条件

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス CC-BY

このページ(ページヘッダ及びフッタ部分除く)に掲載されたコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ表示4.0日本語ライセンスの CC BY 表示(作品のクレジットを表示すること)の下で提供します。
掲載データは、営利目的での二次利用(改変)も可能です。掲載データを元に二次的著作物等の作成をすることができますが、編集・加工等した場合、出典を明記し、編集・加工等した旨を記載して、公表してください。