当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

象岩

象岩

ぞういわ
象岩

写真:象岩

種別: 国指定・天然記念物
所在地: 倉敷市下津井(六口島)
所有・管理者: 倉敷市
指定年月日: 昭和7年7月23日

 下津井港から南西3kmの沖合に浮かぶ六口島の西岸にある奇岩です。自然の芸術品である象岩は,海岸の花崗岩が風と波によって侵食され,長い年月をかけて造りだされたものです。

 その姿はあたかも巨象が岸辺に水を飲みにやって来ているかのようにみえます。白い岩肌の雄大な造形は瀬戸内の海の青さによく映えます。満潮になると波に巨体を浮かべ,干潮になると磯辺にたたずみます。高さは約8m,干潮時には歩いて近づくことができます。

 古くから人々の目を引いたらしく,岡山藩池田家文書の中には宝永元年(1704)の絵図が残されており,今と変わらぬ姿が描かれています。 

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(国指定) を表示