酸性雨について

スマートフォン用ツール
酸性雨について

酸性雨について

 「酸性雨」とは、窒素酸化物や硫黄酸化物などの酸性物質が雨や雪などに溶け込み、通常より強い酸性を示す現象のことをいいます。(大気中の二酸化炭素が水に十分溶け込んだ場合のpHが5.6であることから、pHが5.6を下回ることが酸性雨の一つの目安となります。)
 酸性雨は河川や湖沼、土壌を酸性化して生態系に悪影響を与えるほか、コンクリートを溶かしたり、金属に錆を発生させたりして建造物に影響を与えます。
 なお、雨などに溶け込んで地表に降ってきたものを「湿性降下物」、雨以外の乾いた粒子等の形で降ってきたものを 「乾性降下物」と呼びます。

 出典:気象庁ホームページ(https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/acid/info_acid.html)

 pHの経年変化
酸性雨経年グラフ