新型コロナウイルス感染症関連情報

新型コロナウイルス感染症 関連情報

感染予防のページへのリンク 相談窓口(保健所関連)のページへのリンク 倉敷市の患者発生状況のページへのリンク

個人の方向けのページへのリンク 事業者向けのページへのリンク 子育て・教育のページへのリンク
倉敷市の施設等の対応のページへのリンク 新型コロナウイルス感染症対策本部会議のページへのリンク 人権への配慮や詐欺への注意喚起のページへのリンク

新型コロナウイルス感染症 新着情報

一覧へ新型コロナウイルス感染症 新着情報RSS 1.0

令和3年1月22日 倉敷市内の最近の感染傾向・その対策について

家庭内での感染注意!

家庭内感染注意! いつでも家庭でもマスクをつけましょう! PDFへ

従業員が新型コロナウイルスに感染したとき

従業員が新型コロナウイルスに感染したときの対応のチャート図

従業員に感染者が発生した時の施設の消毒について

従業員に新型コロナの感染者が発生した時の施設の消毒方法について

消毒には消毒用エタノール、次亜塩素酸ナトリウムが有効です!

消毒用エタノール、次亜塩素酸ナトリウムの使用方法について

倉敷市民の皆様へ 感染防止の取組みのお願い(令和2年12月23日)

本格的な冬を迎え、「気温と湿度の低下」や「集まる場所が屋外から屋内へ変化」しており、新型コロナウイルスの感染リスクが高くなっています。

感染拡大防止のため、特に注意していただきたいこと

「マスク着用」「手指消毒」「3密回避」「換気・湿度」

集まりは少人数・短時間

  • 必ずマスクを着用し、こまめに手指消毒をしましょう。
  • 大人数での会食は避け、特に飲酒を伴う会食は注意しましょう。

大声を出すイベント

  • 見るとき・聞くときにも、必ず、マスクを着用しましょう。
  • カラオケ、合唱、演劇などは、定期的に十分な換気をしましょう。

無症状でも注意

感染に気付かず無症状の方もいますので、「うつらないため」「うつさないため」、マスク着用、手指消毒などの対策を徹底しましょう。

体調が良くないとき

  • 体調が良くないときには、学校や仕事など、外出は控えましょう。
  • 発熱やかぜの症状があるときには、早めに医療機関を受診しましょう。

換気と湿度

  • 室内では、定期的に換気をするようにしましょう。
  • 適度な湿度(40%以上)を保つようにしましょう。

事業所や店舗

  • 事業所や店舗は、再度、感染対策の点検を行ってください。
  • 体調不良の従業員は、休ませるようにしてください。

ご自身やご家族、大切な人の命を守るため、市民の皆様一人ひとりが基本的な感染防止の取組みをお願いします。

市民の皆様へ(PDF版 223KB)

感染リスクが高まる5つの場面 感染拡大防止には、マスクの着用と手指消毒が一番重要です

倉敷市からのお知らせ(令和2年12月13日)

 

 倉敷市内においても、5月に1例目の感染者が確認されてから10月末までに26例でしたが、マスクなしでカラオケをして飛沫が飛んでいるイラスト

11月は1カ月で39例が確認され、12月に入っても、13日までに70例が確認され、計135例となっています。なかでも今月に入って、カラオケのできる飲食店で3例のクラスターの発生となりました。

 倉敷市内で発生したクラスターは、いずれもカラオケのできる飲食店で歌ったり、飲食をしたりする際に、マスクを外していたことが感染を広げる大きな原因になったとみられています。

 また、カラオケだけでなく、大きな声を出す合唱や演劇等の活動で、マスクを外す場面がある際には、しっかりと感染防止対策をとることを重ねてお願いします。

これらのことから、市では次のように取り組みます

市の施設でのカラオケなどの活動の自粛を

  • 憩の家、老人福祉センター等でのカラオケの利用を当面の間中止します。
  • 市民会館、文化センター、ライフパーク、公民館、市民交流センター、環境交流スクエア、など市の施設では、大きな声を出すカラオケや合唱、演劇などの活動を当面の間、自粛するよう利用者の方にお願いします。

市民の皆さまへのお願い

  • カラオケなどに行く場合は、しっかり感染症対策がされている店かどうか、確認をしましょう。人と人、座席の間隔を1m以上開け、歌う人も聞く人もマスクをしましょう。
  • 会食時に会話するときにはマスクの着用、あるいはテーブルマナーマスクの使用を徹底しましょう
  • 体調が悪い時や体温が高い(37.5度以上)時には、仕事や学校は休み、医療機関を受診しましょう。
  • 「マスク着用」 (人と会話する際は、必ずマスクの着用を)、「3密回避」、「換気・湿度」の徹底や手洗い(手指消毒)、などの基本的な感染防止対策をお願いします。

ご自身やご家族、大切な人の命を守るため、市民の皆様お一人ひとりが基本的な感染防止をお願いします。

新型コロナウイルス感染症 感染を広げないためのポイント

事業者の方へ~防ごう!職場内クラスター

全国的に、事業所内における従業員同士の感染例が増えてきています。その中には、昼食時や休憩時の行動が原因だと推測されるケースがあります。これまで通り、事業所の換気や、従業員の手指消毒を徹底していただくとともに、次のことについて、改めてご理解いただき、感染防止に取り組んでください。

体調不良時の対応

事業所の責任者は、従業員の体温測定をしてください。発熱やかぜ症状がある場合は、勤務をさせないでください。

従業員で陽性者が出た場合

陽性の従業員はもちろんのこと、濃厚接触者及び感染の可能性がある者を勤務させないでください。

昼食時の取り組み離れて食事をする子どものイラスト

できるだけ多く、昼食が取れる場所を確保し、従業員が密にならないようにしてください。

昼食時の会話は控えるよう、従業員に周知してください。

喫煙所や更衣室、休憩室利用時の注意喚起

同時に利用できる人数を制限するなど、従業員が密にならないようにしてください。

利用時は会話を控えるよう、従業員に周知してください。

市民の皆さまへ

倉敷市内でも新規感染者が毎日のように発生しており、これから本格的な冬の到来を控え、気温・湿度の低下による感染リスクの高まりが懸念されています。

マスクの着用や、室内の換気、手指消毒などを徹底していただくとともに、次のことについて改めてご理解いただき、自分や大切な人の命を守るため感染防止の取り組みをお願いします。

中国地方知事会緊急メッセージ

~新型コロナウイルス感染症の拡大を食い止めるために~

「新しい生活様式」を取り入れ、新型コロナウイルスを乗り越えましょうマスクをして談笑している女性のイラスト

身体的距離の確保、マスクの着用、「3密」(密集、密接、密閉)の回避など、「新しい生活様式」を徹底しましょう。

発熱や風邪のときは、「かかりつけ医」などに電話相談を

発熱やせきなど、少しでも気になる症状があれば、新型コロナウイルスの感染も念頭に置いて、早期に医療機関を受診しましょう。電話相談は、こちらへ

会食の時は、感染リスクを下げる工夫をしっかりとりましょう

国の新型コロナウイルス対策本部会議で示された、感染リスクが高まる「5つの場面」では特に注意していただき、十分な感染対策をお願いします。

食事中の会話は新型コロナウイルスの感染リスクを高めます

子どもも大人も、モグモグタイム

※「モグモグタイム」とは、おしゃべりをせずに給食を集中して食べる時間のことです。全国で導入する学校が増えています。

職場でも家庭でもできるだけ会話をせず食事をしましょう

 

静かに食事をしているイラスト

食事の時は、会話をせずに静かに食べましょう 

 

 

食事中に会話をする時はマスクをしているイラスト

食事中に会話をする時は、マスクを着用しましょう

「静かなマスク会食」をお願いします

 

 

くらしの適度な距離を。始めよう「新しい生活様式」のイラスト

地元飲食店を応援

テイクアウトやデリバリーなどを行っている地元飲食店を支援する取組を紹介しています。