地域福祉基金

地域福祉基金

 倉敷市では、市の拠出金と皆様からの御寄附による「地域福祉基金」を創設し、ボランティア団体が行う保健福祉に関わる活動への助成事業を行っています。

 また、委託事業として、障がい者・ボランティア国内宿泊研修事業(ふれあいの旅「しらかべ号」)、地域共助型ボランティア育成事業(夏のボランティア体験事業)を実施しています。

 ※令和4年度のふれあいの旅「しらかべ号」は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止が決定しました。

 基金の運営は、倉敷市地域福祉基金運営委員会が行っています。