当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

若年性認知症について

若年性認知症について

若年性認知症とは

 
    認知症は一般的には高齢者に多い病気ですが、年齢が若くても発症することがあり65歳未満で発症した場合を「若年性認知症」といいます。
 
 働き盛りの年代で発症するため、経済的な問題を抱えることが多く、ご本人だけでなくご家族の生活にも影響してきます。
 
 全国の若年性認知症者数は37,800人、平均発症年齢は51.3歳と推計されています(平成21年3月厚生労働省発表)。
 高齢者の認知症は女性に多いのに対し、若年性認知症は男性に多いのが特徴です。
 
 認知症は早期診断・早期対応が大切です。おかしいなと思ったらそのままにせず早めに専門医を受診しましょう。(岡山県ホームページより引用)

若年性認知症について知りたい、相談したい時

 

  詳しくはこちら⇒岡山県ホームページ 

        「認知症に関する基礎知識」

        「おかやま若年性認知症支援センター」

           (掲載内容)
       ・若年性認知症について知りたい時 
                 「若年性認知症ハンドブック」
       ・若年性認知症について相談したい時
        「おかやま若年性認知症支援センター」
           「若年性認知症コールセンター」

【再掲】

若年性認知症相談窓口⇒086−436−7830

    相談対応:月曜日~金曜日 10:00~16:00

  (祝日、8/13~8/15、12/29~1/3を除く)

       窓口チラシはこちら→「若年性認知症相談窓口」(表面1379KB)

           「若年性認知症相談窓口」(裏面1355KB)

 

 

 

 

   倉敷市役所 保健福祉局 健康福祉部 健康長寿課 地域包括ケア推進室
   〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3417  【FAX】 086-422-2016  【E-Mail】 wlfgsc@city.kurashiki.okayama.jp

   ◆このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。