当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

紙本著色兎道朝暾図 青木木米筆

しほんちゃくしょくうじちょうとんず あおきもくべい
紙本著色兎道朝暾図
青木木米筆

種別: 国指定・絵画
所在地:
所有・管理者: (個人)
指定年月日: 昭和27年3月29日

 兎道(うじ)は「宇治」に通じることから、この図は京都の宇治あたりの朝景を描いたものと思われます。構図の中心となる宇治川の流れは、ごく淡い藍をふた筋引いて表し、山はすべて尖頭形に描かれています。全体的に淡彩の使用は控えめで、墨のにじみがより効果的に朝霧を表現しています。彩色は木米独特の藍と代赭の色合いを出し、宇治の自然を見事に描き出しています。樹法、皴法など形式的画法にとらわれない、木米の円熟した画境を表した傑作と評されています。