地籍調査って何?

地籍調査とは

私たちに戸籍があるように土地にも土地の戸籍、つまり地番・地目・面積・所有者があ

、これを「地籍」といいます。

この調査は、国土調査法という法律に基づき土地の位置・形・地目・面積などを明らかに

るために行なわれる調査です。

主に市町村が主体となって、一筆ごとの土地について現地調査と測量を行い、新しく地籍

と地籍簿を作成します。


地籍調査に関係する主な法律等

なぜ地籍調査をするのでしょう?

土地に関する記録の資料として、現在利用されている登記簿や切絵図などは明治初期の地

改正の時に作成されたものです。

そのため、当時の測量技術の問題やその後の土地の異動などで、実際には現況との食い

いが随所に見られ、その役割を十分に果たしていないのが実情です。

また、面積についても登記簿と実測面積とに差異が見られる等、正確さを欠いているた

め、適正な土地利用の妨げとなっています。

このため国土調査法に基づき全国的に統一された基準による精密な調査と最新の技術によ

測量を行い、時代の要請に対応した正確な面積及び精度の高い地図の作成が必要となっ

ています。

地籍調査で土地の明確化をはかりましょう!

地籍調査の効果って何ですか?

地籍調査を行なうと次のような効果があります。 

・土地の位置・境界・面積が明確になるため、土地の売買・賃借などが現状に合致したも

   ので行なうことが出来るようになります。


・道路の建設や舗装、水路などの土木事業、土地改良事業、下水道の整備など公共事業を

   行なう際にも、官地と民地の境界を容易に確認でき、円滑な事業進行が期待できます。


・地震や風水害、土砂崩れなどの自然災害により、土地の境界目印が失われた場合でも、

   境界復元力のある地図により、迅速な災害復旧事業への対応ができ、その後の境界紛争

   の防止に役立ちます。


・地籍調査未実施の地域については、固定資産税の課税が古いままの切絵図や登記内容に

   よって行なわれており、実際の面積や形状と違う課税がなされている場合があります。

 適正で公平な課税を行なうためにも、地籍調査の実施が必要です。


地籍調査成果の閲覧、交付について