原付の手続き(市役所での手続き)

市役所で登録できるのは,原動機付自転車(125cc以下のバイクなど)と小型特殊自動車です。(⇒登録場所
ここでは様々な手続のうち,倉敷市における新規登録名義変更廃車減免(減免のみすべての軽自動車が対象)の手続について説明します。
 販売店から新しく購入した 
新規登録の手続が必要です。販売店が代理で行うこともあります。
 
 家族・友人などから譲ってもらった/個人売買で購入した 
⇒ 倉敷市の標識(プレート)がついている場合には名義変更の手続が必要です。
⇒ 他市町村の標識(プレート)がついている場合には廃車新規登録の手続が必要です。
 
 壊れて使えなくなった/使わなくなった 
廃車の手続が必要です。業者に本体を引取ってもらう場合は,その業者が代理で行うこともあります。
 
 車両盗難にあって出てこない 
⇒ 最寄の警察に届けた後,年度内に廃車の手続をしてください。
 
 障害者手帳の交付を受けている 
⇒ 障がいの程度などによって減免を受けられる場合があります。 

 なお,廃車の手続が完了するまでは軽自動車税が課税されつづけます。