重点整備地区


 本市には、山陽新幹線、山陽本線、瀬戸大橋線などの6路線21駅があります。

 その中で、法に基づく一定の基準である、1日利用客数5,000人以上の鉄道駅は6駅あり市内の鉄道利用者
 (80,468人/日:平成16年現在)の約89%を占めています。

 本市では、駅の利用状況や交通結節機能を考慮し、この6駅のうち優先的に整備する地区を 
倉敷駅周辺」、「新倉敷駅周辺」、「児島駅周辺」としました。

  倉敷地区 重点整備地区・特定経路 pdf-m (PDF形式654KB)

  新倉敷地区 重点整備地区・特定経路 pdf-mini (PDF形式539KB)

  児島地区 重点整備地区・特定経路 pdf-m (PDF形式387KB)