スプレー缶が原因の火災に気をつけて

スプレー缶が原因の火災に気をつけて
 

普段なにげなく使用しているスプレーや殺虫剤などの、いわゆる「スプレー缶」には可燃性ガスが含まれているのを知っていますか?

火気の近くでスプレー缶を使用すると引火して火災になるおそれがあります。絶対にやめましょう。

火災事例1

 車などの密閉空間で制汗スプレーを噴射した後、たばこを吸うためライターを使用したら爆発した。

 →スプレーを狭い空間で使用しないようにしましょう。

火災事例2

 花火をしている最中に虫よけスプレーを噴射したら引火した。

 →危険です。絶対にやめましょう。

火災事例3

 台所でスプレー缶のガス抜きをした直後、給湯器を使用したら点火プラグの火種が残留ガスに引火した。

 →ガス抜きは必ず屋外で実施しましょう。

  ※倉敷市内で実際に起こった事例