当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

「指定難病自己免疫性肺胞蛋白症の病因解明にもとづく新しい治療法の開発-国内初のサイトカイン吸入療法-」について

令和元年9月5日 新潟大学医歯学総合病院 臨床研究推進センター 中田光教授らを中心とする研究グループ(全国12施設)が開発した新しい治療法について,発表が行われました。この治験では,研究グループの一施設として当院も参加し,呼吸器内科医である江田院長が多施設共同医師主導治験を行いました。

詳しくは下記をご覧ください。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構  

    

新潟大学