水質調査について

公共用水域の水質調査

 市内には,市域を二分して流れる一級河川の高梁川や,美観地区から児島湖に流れ込む倉敷川などがあります。また,海域は水島港区,玉島港区などがあります。
 倉敷市は,水質汚濁防止法第15条「常時監視」及び第16条「測定計画」に基づき,河川18地点,海域21地点の公共用水域で水質調査を実施し,水質の状況把握に努めています。

公共用水域の水質調査結果について

地下水の水質調査

 倉敷市は,水質汚濁防止法第15条「常時監視」及び岡山県の「地下水の水質測定計画」に基づき,平成元年度から毎年5地点以上の井戸について水質調査(概況調査)を実施しています。
 また,概況調査等の結果環境基準を超えた井戸については,経年的な監視測定を行う定期モニタリング調査を実施しています。
 環境基準を超えた井戸の所有者に対しては,飲用しないよう呼びかけています。
 調査結果については,「倉敷の環境白書」に掲載しています。

海水浴場の水質調査

倉敷市では,毎年市内4ヶ所の海水浴場で水質調査を行っています。
平成29年度の海水浴場開浴前・開浴中の調査を行いましたが,いずれの海水浴場でも,環境省が定めた水浴場水質判定基準に照らしたところ,問題ない結果でした。
結果の詳細は以下のとおりです。
 
調査結果
    平成27年度 海水浴場調査結果(開浴前)

    ■平成27年度 海水浴場調査結果(開浴中)

    ■平成28年度 海水浴場調査結果(開浴前)

    ■平成28年度 海水浴場調査結果(開浴中)

    ■平成29年度 海水浴場調査結果(開浴前)

    ■平成29年度 海水浴場調査結果(開浴中)

海水浴場位置図

海水浴場位置図画像