当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鉄道高架推進室

JR山陽本線等倉敷駅付近連続立体交差事業

 連続立体交差事業の早期実現を目指して、事業主体である岡山県と一体となって事業を推進しています。 

連続立体交差とは?

 倉敷駅周辺の中心市街地を通るJR山陽本線・伯備線・水島臨海鉄道を連続して高架化することにより、踏切除却や道路との立体交差を一挙に実現し、都市交通の円滑化を図るとともに、鉄道によって分断されている市街地の一体化を促進する事業です。

  事業の概要(PDF形式、2790キロバイト、別ウインドウで開きます)

倉敷駅周辺のまちづくり

 倉敷駅周辺のまちづくりを進めるにあたっては、 駅北側のまちの新たな核としてにぎわいを見せる複合型商業施設、駅南側の県下随一の観光地である倉敷美観地区、国内有数の医療施設等を活かしながら、都市機能が集積し、バリアフリーが確保された、災害に強いまちづくりに取り組む必要があります。

 このため、平成29年に公表した「倉敷駅周辺総合整備計画」においても「鉄道南北をつなぐまちづくり」が重要であるとし、南北市街地の一体化を効果的に実現するために必要な事業として、連続立体交差事業を位置づけています。

 倉敷駅周辺のまちづくり(PDF形式、4252キロバイト、別ウインドウで開きます)

整備イメージ

高架側道整備イメージ

高架側道整備イメージ図

南北自由通路整備イメージ




    
倉敷市役所 建設局都市計画部鉄道高架推進室
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3492  【FAX】 086-421-1600  【E-Mail】 railprm@city.kurashiki.okayama.jp