平和の鐘

 
「平和の鐘」建立の主旨
 
 昭和20年8月15日,太平洋戦争は,日本国民はもとより海外の多くの人々に言い知れぬ深い傷跡を残し,悲惨な戦いを終えた。あの日から40数年,私たちは苦難の中から立ち上がり,戦争放棄を国是として,今日の平和で豊かな社会を築きあげた。
 本市は,昭和61年9月,世界の恒久平和と倉敷市民の幸せを願い「倉敷市平和都市宣言」を行い,平和への誓いを新たにした。
 このたび,宣言の主旨に沿い,再びあの悲惨な戦争を繰り返すことのないよう祈念し,被災地水島の一角に「平和の鐘」を建立する。
平成2年5月   
平和の鐘

【お知らせ】
 
 水島緑地福田公園内に設置している この鐘の建立の主旨に基づき,平和の鐘を鳴らしています。
 下記の日程で実施いたします。皆様のご参加をお待ちしております。


              6月22日(水島空襲)         8時36分 
              8月 6日(広島原爆の日) 8時15分
              8月 9日(長崎原爆の日)   11時  2分
              8月15日(終戦記念日)  正午
 

<「平和の鐘」デザインコンセプト>
 ベース(丸い部分)は,地球を表し,2本の柱は人を意味し,人と人とが愛の鐘で結ばれ,その間に虹がかかり「全世界の平和」への祈りを表現している。
 
<「平和の鐘」データ>
設置場所 
水島緑地福田公園内(サッカー・ラグビー場南側)
タワー部 
ステンレス(ヘアーライン仕上げ)及びコンクリート製
高さ 約5.5m
ベース部 
世界地図模様のモザイクタイル貼り
直径 約4.5m
虹部 
ステンレス磨きパイプ
ベル部 
直径 51cm
高さ 43.4cm
重さ 86kg
音階 「ソ」